きれいに整備された橋である。
 小船町・塩町という両岸の街の名をとって名づけられたという。
 堀川が名古屋の経済の動脈であったという証か。