2019.05.09

中山道・柏原宿サイクリング

5月9日(木)連連休も過ぎて普通の日々に

見上げれば三日月がきれいな夜空、月を眺めながらウォーキングしてるのかな誰かさん。
暇を見つけてすること。
好みの小説をコツコツ読み、めだかの観察と植物の世話、そしてほんの少しの時間をぶらり散歩。
したがって、パソコンをたたくことも少なくなった。書く意欲の減退だとしたら歳をとった証拠だろうか。
自分に向かって書くのを旨としてるから、誰かが「いいね」と言おうが(ブログに「いいね」はないけど)訪問の数の多少など何の意味も持たないと思うが、人それぞれなのでそこに意味を見出す人もいてもいい。
ここが流行の「SNSの価値観」とちょっと違うところだが、ただ、書く意欲や言葉が流暢に出てこないのは困ったもの。
まあ、昔から流暢な文章でもないから、今と昔もそれほどの変化でもないか。

・・・てなわけで、連休もすでに過ぎ「五月病」で辛い人もいるだろうが、そんなに頑張らなくていいし、人生なんとかなるから、辛ければ逃げればいいし、ミスや失敗も人生にはつきもの。
もっともその苦しみに直面すると、そうは思えないが生きていさえすれば、ほんのわずかだけれどもそのうち余裕もでてくる。
生きているだけで素晴らしいと実感できる日がきっとくるから大丈夫。


Img_0091_2
【中山道・柏原宿】

・・・てなわけでと、てなわけでを繰り返したけど、連休中にサイクリング(ポタリング)に行ったので足跡だけは残そうと思う。
4月29日に、中山道の醒ケ井宿から柏原宿までを友人ら7人で自転車を走らせた。
いつものように自転車を車に積んで、名神高速道を西に走り、米原ICで降り、走りだしの起点は琵琶湖の東「近江母の郷」。
ここから田園風景を抜け、車の多い国道を走り、醒ヶ井から柏原へと向かう。
柏原宿に着いたのは昼時、連休だというのに、宿場町なのに、観光客らしき人影は皆無。
中山道の馬籠宿や妻籠宿のあの観光客と土産物店の並ぶ風景とは人出が180度違うのに驚く。
散策マップがあり史跡標示なども立ち宿場跡の雰囲気は申し分ないと思うが、PRが控えめで遠慮がちなのか?
もっとも、観光地化された喧騒の宿場よりもよっぽど自分は好感を持つのだが・・・


Img_0110
【清瀧寺徳源院の三重塔】

昼のうどんをすすった後は、地元の人に教えてもらったと「清瀧寺徳源院」という京極家の菩提寺のお寺に向かう。
あまり歴史には疎いが、枯山水の庭園を見据えながら、京極家にまつわるお話を聞く。
聞いてる間に野生のサルたちが庭から山へと駆け上って行く。
お話下さったのはご夫婦で寺の管理と手入れ維持しているという「住職(管理)」の方。
広い寺の管理維持も大変だと知る。文化財を保護して行くのも苦労が多いのがわかる。
落ち着いた庭と三重塔が静寂なひと時だったし、知らない歴史にふれる愉しさもあった。


Img_0116
【清瀧寺徳源院の庭園(枯山水)】

帰り道は梅花藻が清流に浮かぶ醒ヶ井の街道、(「わくわく街道」と命名されていた)から元来た道に戻る。
途中お土産に「山ウドの新芽」を買う。これはあとで天婦羅にして食べたがホロ苦さがなんとも言えなかった。
さて、すべて順調だったのはここまで。
帰路の途中で友人Oさんの自転車が転倒というアクシデント、ふだんの自転車は気にせず乗るものだけれど、旅先では十分に注意が必要だと反省のサイクリングでもあった。

| | コメント (2)

2019.03.05

ぽかぽか陽気に誘われて

3月5日(火) 庄内緑地公園の春

Img_0003

天気予報をみながら今日は晴れ、春らしい陽気なので庄内緑地公園へと自転車を走らせる。
体調も良いので自転車を走らせる気が起こるのか、自転車を走らせていると体調も良くなるのか・・・
どちらにしても、まだまだ自転車を走らせることに飽きてはいない。
家事を済ませ、昼少し前に家をでる。
快晴の空を見上げると生きている実感も増す。
自転車の散歩はイベントではないので、どこかで何かを見たり、何かをするという目的はない。
普通の暮らしの延長線なので、ある意味「暮らし方」そのものでしかないが、「何か」をしていないと暇をもてあますというパワーは、どうも自分には不似合いである。

3月、公園のマンサクが季節にふさわしく咲いていた。人出はわずかでとても静寂。
寒い季節の公園は淋しい気もするが、ぽかぽかの春の陽気が淋しさをかき消してくれる。
ベンチに座り冬枯れした木立を眺めたり、早咲きの「フユザクラ」も粋な景色だから、どれほど居ても飽きがこない。

そうだ!久しぶりに自撮りでもしてみようかと思い立つ。
自撮りが好きな訳ではない、どことなくナルシストの行為のように思えるから、自分を撮ることに照れくささがともなう。
なので、年に数回こうしてアップするのは、誰が読んでるかしらないけれど、「今日も元気です!」というサインってわけで、ほんとうは別に自撮りも必要ないかもしれない。

Img_0007

20キロくらいのポタリングが可もなく不可もなく、身体と頭によい刺激となり、そうして季節が一歩々々春に向かっているのを感じるのが楽しい。

何もすることがない時間(ほんとうはいろいろ用事もある)のある有難さ。
暇は持て余すのほどがいいし、その何もない事に充足感を持てれば、どんな環境でも人生を豊かに暮らせる。
ゆったり生きるにはイベントなき日常生活、平凡な衣食住のあれこれに楽しさを見つけることかも知れないと思う今日この頃。

| | コメント (1)

2019.02.08

冬空と自転車

2月8日(金) 季節を感じるということ

堤防道は北風が強い。7度だろうという気温も体感的には5度を下回る。
寒波も予想され、雪が舞うという天気予報もあるが、なかなか春の訪れはこない。
庄内緑地公園の「マンサク」が季節の節目と思い自転車を走らせたが、ほんのちょっと蕾が綻びかけているほどだった。
「梅は咲いたか、桜はまだかいな~♪」口ずさみながら、頬にあたる風が冷たい。
夏の暑さや冬の寒さが年々厳しく感じられるのは、地球の気候のせいなのか、それとも自分の耐える力が落ちてきたからなのか。
幸いに公園に行くルートの二つの坂は自転車を降りることなく上りきれたので、まだまだ人生を上る余力はありそうだとニコッとする。
冬は寒い。寒さのなかに心地よさがあったり、めっきり減った人の姿もの公園も、冬枯れした木立を眺め、持参した暖かな水筒か漏れる湯気が冬らしい風景。
こうした何気ない冬の日を「飽きもせず」感じ、ときどき雲間から射し込む陽の、なんと暖かなことか。
冬の自転車は人が言うほど思うほど季節にふさわしくない事はない。
20キロほど走る。走りながら季節を感じ、感じる力があることに幸せを思うのである。

| | コメント (2)

2018.11.30

イチョウの落葉

11月30日(金) 今年もイチョウの町へ

P1160335
【イチョウの落葉も鮮やかに】

今日の朝刊にイチョウの町、稲沢市祖父江町の上空写真が載っていた。

町が黄金色の銀杏の輝きに覆われていた。
実は昨日(29日)、毎年この晩秋の日課みたいなものになっているイチョウの町へ自転車サイクリング。

早春の岩倉市の五条川の桜と晩秋の祖父江町のイチョウが季節の節目になって、もう10年ほどになる。
イチョウの見頃はいろいろあるが、キラキラ輝く黄葉は少し前だったようで、昨日は落葉したイチョウの葉が地面を覆っていた。
いわゆる黄色いイチョウの絨毯というわけだ。

この祖父江町までの道のりは15キロほどで「尾張すいどう道」という過っては「尾張サイクリングロード」と言われていた直線一本道を自転車で走る。
のどかな田園風景や遠くの養老山脈などを目にしながら、のんびりペダルをこぐのが楽しい。
ひょっとしたら「黄葉」を口実にしたこの「のんびり自転車走り」のほうを好んでいるからかも知れない。
向かい風も楽しいし、途中で一服するのもいい、町に近づくと、ほのかに漂う銀杏の匂い、これも味わいがある。
祭りにつきものの「豚汁」も美味しいし、今年は「草餅」も買って食べた。

生きて足腰が動き自転車に乗ることが可能な限り、毎年の恒例行事として続くだろうと、そう思う今日この頃である。

P1160332
【尾張すいどう道で自撮り、要は近況報告ってところ(笑)】

| | コメント (2)

2018.10.21

渥美半島、伊良湖岬へサイクリング

10月21日(日) 秋の日に・・・

Img_0009


秋の日に恋路が浜に白波がたつ。
『名も知らぬ 遠き島より 流れ寄る 椰子の実一つ』の童謡の風景。
島崎藤村の作詞、友人の柳田國男がここ伊良湖岬に逗留したおりの情景を聞いて作詞したという。

なんとなく情緒のある浜辺を見下ろす高台まで、自転車をヒィヒィ言いながら登り、ちょっと一息ついた眺望にオオ~と声もでる。

先週末自転車仲間7人で「伊良湖岬へサイクリング」をした。車に自転車積んで名古屋からはけっこう遠い、渥美半島の先端である。
台風シーズンには「伊良湖岬沖の南〇〇キロの海上にあり・・・」とニュースでも伝えられる。

久しぶりのサイクリングという名の「ポタリング」で一日を過ごす。
豪雨、猛暑、台風、地震と災害が頻発状態だった夏を超え、ようやく秋らしい季節になってきて、心地よい自転車走りだった。

今回は、いつも一緒に走るOさんが20インチの小径折り畳み自転車を買ったので、マイ自転車デビューという記念のサイクリングでもあった。
けっこう重い、12キロほどなので集合地点までは地下鉄に持ち込んでの参加となったが、レンタル自転車とは一味違う「思い」も込められる。
折り畳みの自転車は京都や奈良や鎌倉や・・・、そういう都市部の足としても楽しめると思う。
・・・というわけで、ちょっとスポーツの秋でもあるサイクリング写真を何枚か載せてみる。

Img_0030
【右に駿河湾をな眺めながら走るサイクリングロード、サーフィンも】

Img_0006
【食欲の秋:こういう写真は自転車走りには定番だが、なぜかと言うと腹も減るからだと思うのだなぁ】

Img_0047
【いつも後ろ姿の写真はプライバシを配慮して、にこやかな笑顔の写真もたくさんあるが・・・】

Img_0063

【伊良湖岬灯台に着いたのは夕方、貨物船や漁船も航行していた】

※18キロほどのサイクリング(ポタリング)、車の往復の方がはるかに長時間、二度目の伊良湖岬だったが、なかなか来る機会もないところだから、参加者は「ラッキー」ということで・・・。



| | コメント (0)

2018.05.05

自転車の季節

5月5日(土) 138タワーから大垣城をめざしてサイクリング

Photo

昨日は久しぶりに友人らとのサイクリングでした。

GW中ともなると高速道路は長蛇の列で、まあ、どこもかしこも渋滞、混雑。
それでも家族で休暇利用となるとGWになってしまうのが「バカンス」とは程遠い日本の「大型連休」・・・こんなに頑張ってる、働いてる、日本の労働環境って!

さて、名古屋から名岐バイパスで一宮138タワーへ、これは自転車を積んで車で行ったのですが。

Img_0102今回は諸般の事情で5名の自転車仲間サイクリングとなりました。

最近はご結婚やご出産や、あれやこれやで参加の方も少なくなってきたが、自転車にはとてもよいこの新緑の季節です。
ウグイスなども歓迎の鳴き声をあげ、若葉の新鮮さも目の保養です。

一宮・木曽三川公園の138タワーから木曽川、長良川、揖斐川を超えるルートです。

途中の豊臣秀吉が一夜で築城した「一夜城・墨俣城跡」に寄り、終着点はこれまた関ヶ原合戦で石田三成の本拠となった「大垣城」という、戦国時代ロマン。

何がロマンなのかよく分からない私ですが、織田・豊臣・徳川と時代の権力者を輩出した「愛知県」ならではの、どこかしこにある「戦国ロマン」というものです。

Img_0021

しかし、GPSで走行ルートを振り返ると、東西一直線の往復43.89キロになっています。
レンタルサイクル利用の参加者もいて、片道20キロ強はやっぱり「しんどい」。

まだスポーツ自転車など知らなかった頃に名古屋から旧美濃路街道を走り大垣まで行ったが、駅前の駐輪場に一晩置き、翌日取りに行き戻ったのを思い出します。
ママチャリの限界距離だとつくづく思うので、一晩すぎた今日は筋肉痛に苛まれているのではないかと・・・

Photo_2
【墨俣城、ほんとうは「砦」のような城だったとか!?】

Img_0091
【川に挟まれた輪中の大垣城は石垣まで洪水の痕があり、城下は一面水没と】

ともかく「心地よい疲労」(だと言うことにして)のサイクリングは久しぶりでした。
自転車は遠くまで走ってこそわかる「良し悪し」なので、買い物自転車ママチャリも、それはそれで良いし、電動自転車もありでしょうし、そういう自転車の世界に、ちょっと値ははるけれど、軽く走れる自転車(スポーツ自転車)というのも選択肢にあってよいと思うのです。

40キロ、60キロ、80キロ・・・、100キロの壁を越えたことはないけれど、自転車の世界というのは、自動車に勝るとも劣らない「優れた発明品」だと思った新緑のサイクリングでした。

Img_0175_2


 

| | コメント (2)

2018.04.27

うす紫の藤棚の下で~♪

4月27日(金) 津島市・天王川公園の藤棚

P1150641

うす紫の藤棚の下で~♪という歌詞を御存じなのは昭和の世代。
「女学生」って歌なんだけど、清楚なイメージがあった、あの頃はやっぱりあの頃でしかない(笑)

さて、愛知県津島市の天皇川公園の藤が見ごろを迎えている。
この季節といえば街路のツツジも鮮やかで、ひときわ目を惹くから、自転車を走らせるには心地よい街角。

天皇川公園までおよそ18キロ、自転車散歩としゃれ込む。市町村でいえば名古屋市、あま市、津島市の3市町村をペダルきこきこするわけで、できるだけ路地を探して走る。
電車を使えば名鉄津島駅からも徒歩で行けるし、自動車なら30分もかからない。

「シブロク」、「藤の花」と「自転車」の割合、つまり「花見4自転車6」というのが充足感になっている。もっともこんなのは季節や行き先で変わるのだが、自転車に乗って花見遊山という、忘れられてしまった昭和の風情といったところか。

藤棚の花の長さは1メートルほど、池にそって300メートルほどの藤棚に、文字通り「うす紫の藤棚に~♪」というわけであるが、平日のことお年寄りのご夫婦とか、老人クラブとかの賑わいで、もちろん「女学生」の姿など見当たるはずはない。(笑)

| | コメント (2)

2018.03.30

五条川の桜 2018年

2018年3月30日(金) サクラガサイタノデ ジテンシャデ ミニユキマシタ

P1150554

もはや恒例になった春の五条川の自転車一人サイクリングに昨日行ってきました。
見事に満開!素晴らしく満開、飽きるほど満開!
桜の花見ほど、桜そのものだけでなく、どんなシュチエーションなのかが楽しい花見はありません。
家族でにこやかに、友人らと連れ添って、恋人と手をつないで・・・とまあ、そういうものが桜の花見には欠かせません。
桜の花見には自転車が似合う!って思うのが私なんですが、「五条川の桜満開!」と娘と妻にLINEで写真を送ったら・・・
すぐあとに「こちらも満開!」って桜をバックに孫の笑顔の写真が返された。
「桜と孫」これには勝てないなぁ~。

【桜と自転車と】

P1150581

P1150566_2

P1150594



| | コメント (2)

2018.02.24

春の兆し、ちょっと暖かい土曜日

2月24日(土)花とメダカと自転車と【春の風景三枚】

Img_0005

気温も10度近く上がり、自転車散歩には絶好の日よりなので、久しぶりに庄内緑地公園へペダルをギコギコ・・・
この季節はマンサクも開花してるだろうし梅の花ロウバイも見頃だろうという予測はピッタリと当たった。

Img_0012

穏やかな陽気なので、公園は家族連れや凧揚げやウォーキングなどの姿が見られた。
季節は確実に「遷ってもうじき春ですねぇ~♪」って具合だ。
家の中でぐずぐずしているよりも、自転車に乗って春を探しに行く方が、何倍も楽しいものだ。
もっとも、公園の花々ばかりでなく、寒い冬を過ごしたメダカも陽気に誘われて鉢の水面に顔を出し始めた。
越冬メダカ10匹。厚さ2センチの氷が張る日もあったけど、よくぞ無事に冬を越したと、褒めてやりたい。

Img_0024

チューリップも土から芽を出し始めたし、スイセンも咲き、パンジーも元気が良い。
ああ、名前のわからない黄色い花も咲きだした。
みんな待ちに待った春の日を「もう少し、もう少し・・・」と待ちどおしいのだ。

| | コメント (2)

2017.12.25

師走の遠州森町サイクリング

12月25日(月) 坂道にアップアップ・・・

Photo_33
【坂道、坂道、押して、歩いて…】

気のせいかTVの「こころ旅」の火野正平さんが自転車のお手紙を読み、旅の出発地点が少し小高い場所になって、走る距離も13キロ前後になったように思うが、朝の自転車風景はそれだけで心が和むものです。
 
23日の土曜日、遠州森町駅から小國神社へと6名で自転車を走らせた。
遠州、つまり静岡県なんですね。「お茶の香りの~」静岡県ってわけで、これまでで最も寒い時期のはずが、暖かく風もなく自転車日和でした。

Photo_34
【レトロな風情の残る駅です】

遠州の小京都と言われ、けっこう暖かく雪も降らないと、駅の案内の方に教えていただいた。
ここから持参した自転車とレンタル自転車に乗って地図上では5キロほど先の小國神社へと向かいます。

余裕しゃくしゃく、教えていただいた道をのんびりと・・・
のんびりと走る予定が道を間違えたのか、とても自転車では辛い上り道。一つ上り、一つ下りと3つほど繰り返すうちに、もう自転車は押すもの引っ張るもの状態になりました。

監督さんがいてアシスタントさんがいてサポートカーが欲しいぐらいだったですが、こういう経験も、それなりに楽しいサイクリングだったような気もします。
もっとも10年前に比べると体力的には落ちているので、「なんだ坂、こんな阪・・・」などと踏み込むペダルもちょっと弱々しいのが現実です。

Photo_35
【小國神社、ちょうど結婚写真を撮ってましたよ】

小國神社境内の茶店でうどんをすすり甘いぜんざいなどを口にしたころには、次に予定している、あの清水次郎長の子分「森の石松」の墓のある大洞院まで、誰しも走る気力が萎えてしまいました。

Photo_36
【大洞寺の石松の墓まえ】

比較的なだらかな下り坂道を元の遠州森駅まで戻り、な・な・なんと車で行こうという、およそサイクリングと言い難い(笑)結論に一致をみました。
まあ、名古屋のある濃尾平野がいかに平たんな地であるか、いかに自転車が楽に走りやすい地方であるかと改めて思い返したわけです。

今年を振り返ると台風や雨や行事などで何度となく中止・延期があった友人らとのサイクリングでしたが、暮れの押しせまった最後の最後に、元気な笑顔が見られたのはとても良かったです。

1

| | コメント (2)

より以前の記事一覧