2019.05.18

庭とか花壇とか

5月18日(土)花の名札をつける

Photo_10
【アサガオがぼちぼち咲き始めたので期待も大きいグリーンカーテン】

自宅の南側に花壇がある。
庭はというと駐車スペースに占領されて無い。
季節の花々は花壇植えされ、それでも足らないので植木鉢やプランターを置いて「土」を確保するしかない。
「もし広い庭があったら花も木も野菜も出来るのに・・・」と妻はいつも残念がっている。

娘がマンション暮らしから戸建て暮らしになった。
郊外の比較的土地もゆとりがあるので南東側と西側が庭になっている。
狭小の住宅住まいからすれば、燐家とは連ならない空間の広さは羨ましくなるほどだが、妻などは「庭があるなら花々をたくさん植えられるのに」と思っている。

住む地域や土地に制約されるのが暮らしというもので「住めば都」の例えのように、今ある環境に順応し季節の花を楽しんでいるのが現状だ。
「花がきれいですね」とときどき所用で訪れる方から褒められると「いやぁ~カミさんの花壇で自分は水やりの世話人ですから」と答えるが、近所は花壇のある家も多くないので、褒められれば「カミさんの花壇」ではあっても嬉しいものだ。
だから、せっかくの庭をコンクリートで固めてしまうのも、放置するのももったいないことだと・・・
しかし、いったい今の我が家にどんな花が植えられてるのか?正確に知らずに毎日水を撒いているので確認してみた。
端から、おもと、アロエ、こでまり、クレマチス、カサブランカ、牡丹、あじさい、ウノハナ、門柱前の花壇にはカーネーション、星桔梗、ラベンダー、日日草、ミヤコワスレ、南天などなど。
他にはジャスミン、スモークツリー、スイセン、シクラメン、ライラック。
今回確認のため妻に聞いて知った花というとイソトマ、ゼラニウム、サフィニア、スカビオサ、デルフィニウム、アッツザクラなどで、アサガオはグリーンカーテン仕様・・・

もう狭い花壇と植木鉢に押し込まれて、さながら都会の狭隘な住居で暮らす我が家に似ているので、ちょっと笑えてくる。
大輪の牡丹やクレマチスやあじさいの花(ガク)など大ぶりの花はそれなりに見応えがあるし、ジャスミン、ライラック、ラベンダーなどのほのかな甘い香りは季節を感じさせてくれる。
しかし小さな花壇と植木鉢では花も育ちにくいのかほどほどのサイズ、枝切や蔓切りしされて身の丈以下に収まっている。
数年前までは「花の名」は何も知らなかった。
せっせと花いじりする妻に「どこが楽しいのかな」と疑問の視線だったが、とにかく水枯れしないようにと日々世話を始めて知る花の名も少しずつ増えた。
そこで20種類ほどの花のつ一つに名前を書くことにした。せっかくだから名前も覚えて愛でるのも楽しいことだと。

植物の命を身近に知ると、人間のいろんな人工的な造作物とは違う自然の営み、枯れたり萎れたりふたたび意気揚々と輝いたりという、なんか人間の傲慢な暮らしぶりを顧みることができる。
使い古された言葉「コンクリートジャングル」の中にあっても自然と向き合う事はできるものだと教えられた気もする。
さて、娘の庭の話に戻すと、以前は畑地であったので雨の日にはミミズも蛙もやってくる。
肥えた地所ならでこその雑草も芝の中にのびる。
そこの地域は畑もまだ残る土地柄なので、マンションとは違い、蚊も蠅も蜂だってやってくる。
「虫は嫌いだ!」と嘆いているので「虫が嫌いな奴は中心街のマンションにでも住むべきで田舎暮らしは不似合いだ!」と、ついつい嫌味な言葉がでてしまうので反感を買う。
どうも反感を買う人生を反省せねば。
「せっかくの庭だからねぇ、虫も生きてるからねぇ、嫌わずに慣れるように努めないとねぇ」とでも優しく言うべきか。
とはいえ、人は自分の都合に合わない環境を嘆くが、その環境に合せて自分の住み方や暮らし方を変えて行くというのが自然との向き合い方だと思っている。
せっかくの「お庭」だから手入れをし、そこに命ある花とか食生活の一部になる野菜などを拵える。
そんな暮らし方ができたらいいなぁ~と常々語っているのが妻で、そこは価値観を共有出来るけど、不便な田舎には住みたくないとも。
やや矛盾してるが……

| | コメント (2)

2019.05.12

太閤祭(名古屋中村区)

5月12日(日) 母の日

Photo_8


この週末、中村区の太閤祭が開催されていたので義母に声をかけて3人で出かけた。
出がけに「まあ、お揃いでお祭りですか!いいですね」と近所の娘さんが笑顔で言っていた。
「お揃いかぁ」義母と娘(妻)が腕を組んで、後ろから自分も歩く、たしかにお揃いの光景である。
80歳を超える義母だが、いたって健康で、目は良し、耳も良し、口も達者。
背筋もシャキっとしてるが、転んだら大変なので娘(妻)が腕をとる。
祭りの会場の参道は、やたら食べ物の屋台ばかりで、高校生あたりが大人びたメイクの背伸びをして友達らと繰り出している。
そういう祭りが現代の祭りの姿で「太閤祭」という名前からの風情はあまりないが、この人の混み具合は昨年以上だった。
おそらく妻も義母も祭りが楽しくて行くというよりも、娘と一緒に腕を組んで出かけるというのが楽しいのだろう。
毎年のこと、稲荷寿司と巻き寿司を娘の家族にと拵えて用意してくれる。
今年84歳になる義母である。
まだまだ元気そうだし意志の強さも持っている。
その昔はこの母(義母)を娘(妻)が乗り越えるのは大変かな?と思ったこともあったが、歳とともに親子の関係は自然に落ち着くものである。
どうも母と娘というのは「夫」とか「婿」という立場の自分には理解しがたいものがある。
娘自身が母となり、なかなか自立しがたい母と娘の関係に、同じ道という「同志的感情」が生まれ、その瞬間に娘というのは、母親を乗り越えるのではないのかと思う。要するに親が愛しく可愛く思えてくる瞬間である。
父親と息子というのはこれとはまた違った自立のしかたをするもので、そもそも共依存関係も発生しにくい。
もっとも、父であれ母であれ息子や娘であっても、経済的な自立がなかなか難しいのも、格差が広がる今日の姿ではないだろうかと思う。

| | コメント (2)

2019.05.01

連休

 5月1日(水)孫が来て、年々にぎやかになる

Img_0731-12

10連休の前半を終えようとしている。
孫がやって来て、狭い我が家の中が賑やかだ。
もうすぐ4歳と2歳、なんでもかんでも遊び道具にするからおもしろい。
幼児の行動は観察していると、「なるほど」と思うことがしばしばだ。
昨日帰って行ったから、今日は静かさが戻った。
孫は来て良し帰って良し!名言だと思う。
そんな連休中の日に名古屋ドームのチケットをもらったので中日×阪神戦を見に行った。
だけど負け試合。見どころ少ない。
しかし今年のドラゴンズは頑張っている!あのカープよりも上位で試合をやっている。(笑)
4月はAクラスに留まった、この先もワクワクした試合を期待したいが・・・予想最下位チームだからなぁ。

| | コメント (2)

2019.04.21

生き物たちが意気揚々と・・・

4月20日(土)新緑の季節

桜も葉桜となり新緑の季節となって、花々や生き物たちが元気だ。
気温も20度を超えると100匹ほどのめメダカが水面を泳ぎ回り、それを眺めているだけで楽しい。
チューリップは花びらを散らしたが、大輪の牡丹やライラックやミヤコワスレが咲き、いい香りと彩を見せている。
ほとんど彩のない冬を越し、今年も花や生き物たちが、ちょっとだけ潤いをもたらしてくれる。
義母さんを誘い2キロほど離れた「花屋」に出かけた。
これと言って買う花のない時でも、季節ごとの花々がガーデンに並ぶ。
この季節である。格段に種類も増え、「花いじり」の好きな客も増える。
今年も夏のグリーンカーテン作りに挑戦しようとあさがおの苗を探しに来たわけだ。
品種としては「琉球あさがお」「ドイツあさがお」が目に留まったが、「葉が大きく育つ」と花札に書かれていた「ドイツあさがお」の苗を9つ購入した。
一つ200円弱だったので全部で1800円ほどの命を買って、買ったからには上手に育てようと思う。
昨年は「摘芯」をそれこそ「若い芽を摘む」と躊躇したのが原因で、蔓ばかり上にのびて肝心の「緑のカーテン」にうまく育てられなかった。
「失敗の経験値」こそ物の上手の源だと思うが、めだかも最初は購入した全匹が天国へと旅立って行った。
動物も植物も自然界で共存する生きとし生きるもの。
死なせてなるものか、枯らせてなるものか・・・と、そこに趣味的世界の意味をみいだす。
何に自分の意志を込めるのかという選択も、これまた一つの人生観の選択なのだろうと思う今日この頃なのだ。

| | コメント (2)

2019.04.06

桜チェック

4月5日 あちこち桜が満開に・・・

Photo_6

そろそろブログもマメに書こうかなぁと。
「ココログ」がリニューアルされ、使い勝手が変わった。
店舗の商品陳列と同じで、とまどってしまうのは歳のせい?
まっ、頑張ってみようかな。

 

| | コメント (2)

2019.03.10

土筆(つくし)ニョキニョキ庄内川

3月10日(日) 今年は大収穫だった!

Img_0025

昨日、花屋さんに行ったその足で庄内川の堤防で土筆取りをした。
毎年義母さんが「土筆取りに行こうよ」とお誘いがあり、明日は雨模様だから今日中に・・・
天気予報が的中して、土筆取りが昨日で正解だった。
私も妻もさほど土筆が好きではないので収穫は義母宅へ、卵とじになった土筆が帰って来るのは恒例のことだが、少し癖のあるあの味には、どうも。

Img_0020


庄内川の堤防工事があった頃はほとんど姿を消したが、ここ数年は復活してきた。
ビニールの袋いっぱいの収穫に笑顔が、義母さんは満足したと。
都市部では田んぼや小川が減って、土筆もどこにでもあるという訳にはゆかなくなったが、庄内川のここには残っている。

春の風物詩、昔ながらの風物詩、残しておきたい風物詩、いつまで続くやらの風物詩。
こういう遊び心はとても楽しいものだと思う今日この頃、ああ孫にも体験させてやりたいところだなぁ。

Img_0030

| | コメント (2)

2019.03.09

花屋にて

3月9日(土) ウインティ(芝桜)

Img_0682

カミさんが花屋さんに行きたいというので、義母さんも誘ってでかけた。

前はまだ寒い頃に来たので店の花も数が少なかったものだが、三月となりちょっと花の色どりも多くなった。

春だなぁ~と、花々をながめて思う。
その昔の若い頃には、花の名もほとんど知らず、興味も薄いものだったが、どこにでもいる「花いじり」の好きな爺の仲間入りをしたのかと思うと、ふと苦笑してしまう。

花屋の店先で一つ二つ好みの花を買い、狭小敷地のプランターに植え、そうして水や肥料を与えながら実際に育ててみると、「好き嫌い」を超えて、身近なものになる。

花が散るのに「ものの哀れ」を感じるとはよく言ったもので、キレイに咲いていた花が萎れて、もう花期もお終いになると、ちょっと寂しくも思う。
それでも枯れてしまったかと思っていた枝先に新しい芽が出てるのを発見すると、なんとなく嬉しくなるものだ。

「花の命は短くて・・・」と謡ったのは「浮雲」?、「放浪記」?。
散る花の短い命はそうだけど、実はそうでもなく、実を付け種を散らし、また新しい花を咲かせると考えると、花はけっこう生命力が強いものだと思う。
子々孫々、花は絶え間なく命の葛藤を繰り広げている。

こういう文章も、愛でるだけから、実際に育てることことに関わって、実感として知ることでもあるが、とても花好きの方からすれば、園児レベルの感想と言われそうだけど、「それを言っちゃあお終いよ!」と小声でつぶやく。

Img_0055

少し大きめの「ウインティー」を我が家は買い、小ぶりのものを義母さんが買い求めた。
「ウインティー」、ああ芝桜のことだと妻と義母さんがぼそぼそ話していた。
どうも横文字の花名が多くて、自分などは困ってしまう。
「芝桜」って言えば良さそうに思うが、きっと種類の多い花々なので日本名だけでは区別できないからかしらん。
少し早いが今年もあさがおのグリーンカーテンに挑戦してみようと、培養土と粒の大きい底石を買い求めて・・・春の風景のひとこま。

| | コメント (2)

2019.03.03

春の兆し

3月3日(日) めだかと影

春の兆しも感じられるこの頃。
冷たい水道の水もすこしやわらぎ、あーでもない、こーでもないとグズグズしているうちに季節は少しずつ歩んでいる。
気温が10度を超えると、人もメダカも俄然元気になり、なんとなく背筋ものびて・・・背筋ばかりか心もちも暖かくなる。

都市の狭小敷地に建つ我が家は道に面した南側のマンションの影が冬のあいだは伸びる。
12月から2月ほどは、南の玄関先ほどまで日陰となるので、日向ぼっこもままならない。
都市住宅の定めだけど、広く大きな南面の庭の敷地のある豪邸は羨ましい。
とはいえ、人は生きる苦労も心の糧となる、便利不便も気持ち次第、貧しくとも豊かな心でいたいものだと、今ある狭小敷地の我が家も住めば都と思っている。

ので、本当は人の暮らしぶりを羨ましいなどとは思うこともないが、まあ「暖かな庭があったらいいね」などとカミさんとの「ないものねだり」っていう合意事項。

3月になり少しマンションの影も短くなって、陽当たりも好転し始めた。
この数か月、可愛そうだったのはその日陰暮らしを強いられた鉢のなかのメダカたち。
水温も5度前後だと鉢底から浮かびもしないので、生きてるやら死んでるやらと。
冬場は餌はやらない、消化不良や水の汚れもあるので、ときどき減った水の補充をするぐらいだった。

このところ鉢に日差しが届き、水温も暖かい日は10度をこすようになり、めだかも少しずつ泳ぎ始めた。
昨日から餌も消化の良い粉末餌をすこしづつ与えている。めだかの生息の適温は18度から28度くらい、100匹ほどのめだかも厳しい冬をよく乗り越えてくれた。

春の兆しはめだかとともに・・・というこの頃である。

| | コメント (2)

2019.02.25

夢うつつ

2月25日(月) かぜ薬

咳と淡がひどくて市販の風邪薬を服薬していたが、長引いた。

かぜ薬は飲むと眠くなる。毎食後服用して、食後の眠気と相乗効果でうとうと・・・
夢うつつとでも言うのか。

かぜには静養が一番といわれているので、布団にもぐり込み借りてきた「髪結い伊三次捕物余話」の文庫を広げる。

が、途中で眠くなる。文字を追いながら情景を想像して、知らぬ間に勝手に文章を作っている。
ので、はっと目覚め、そんな文章はどこにもないのに気づき、妄想の賜物だと知る。

こんな調子で、昼間っから寝込んでいると、体力も必要以上に温存され、夜の眠りも浅くなる。
ゴホン、ゴホンと自分の咳で目が覚め、少々寝汗もかいているので、着替えをし、咳止めのトローチを口に含むと、昼間の惰眠があだとなり眠むられなくなる。
健康的ではないが、また読み続きの本を手に取り、朝が白々と明ける頃に、本格的に眠りに入る。

妻は医者に診てもらえと言うが、「たかが咳と淡」と自己回復力に身を委ねる。
重病人でもないので、毎日の家事と所用は怠りなく済ましている。
ただ、めっきり外出が減り、その外出も徒歩で買い物をするほどで、白いマスクがこれほど似合う日々も人生初めてかも知れない。

おかげで「髪結い伊三次捕物余話」は残り一冊となった。

| | コメント (2)

2019.02.04

洗濯機が壊れる

2月4日(月)立春

突如、洗濯機が動かなくなる。
洗濯、すすぎ、脱水の洗濯のとちゅうなので衣類には洗剤も残っている。
コインランドリーは一度しか使ったことがないので、ここはカミさんの援助も頼んで、いそいそと出かける。
修理に二日ほどかかると連絡が入り、しばらくの辛抱だと。

簡単操作だが、初物は何事もむずかしい。
一番小さな洗濯機にワンコイン(500円)を投入して思うのは、自前ですればもっと経済的だと思うが、一人暮らしの若者とか忙しいされリーマンにとっては便利なのだろう。
洗濯機500円、洗剤100円、柔軟剤100円しめて700円の洗濯コースになる。

「形あるものはいずれ壊れる」家電品は10年もてばいいほうだ。
そういえば昨年末には給湯器が壊れ、蛍光管も不安定になり、目覚まし時計も知らぬ間に動かなくなった。
この次はエアコンと冷蔵庫とテレビが崩壊予備軍になっている。

「家」を維持するにも維持費がかかる、税金も毎年かかる。
家が財産と言われた時代は終わったような気がするが、オール電化の家など10年先にあちこち出費が一挙に押しよせてきたりして。
「コインランドリー500円、毎日洗濯する私の家事労働の対価は500円かぁ?」
「水と電気代込だから、自家洗濯家事500円じゃあないわよ」と。

年金生活者となって、物事の金銭感覚が小さくなった、吝嗇家になったような、貧乏性になったような・・・
金は天下のまわりもの・・・などと、悠長なことも言ってられない時世である。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧