« 春になって | トップページ | 坂井希久子「居酒屋ぜんや」シリーズ  »

2024.04.07

四月・桜・一年生

4月7日 春の桜の記憶写真

Img_4743

今年も岩倉市の五条川の桜を見に行きました。
名古屋から自転車で20キロほど走りました。
年年歳歳、今年の桜は、やはり今年の桜であって、来年も...となるかわかりません。
体力勝負の歳ということです。
薄曇り空、平日で人出も混雑とはなりませんでした。

Img_4745

薄曇りの日の桜も情緒があります。
途中で買ったコンビニのおにぎりなどを、ほぼ満開の桜の下で、のんびりと食べました。
「桜きれいだね」と自分で自分に問いかけて、桜も「そうでしょ」と応えてくれる
一人桜遊山の自転車走りの楽しみということです。

Img_4747

この日は小学校の新一年生になる孫が四年生の姉(孫)と初の登校でした。
初々しい登校風景でした。
姉妹で同じ学校に通えるのはいいものです。
新しい世界、小学校という世界に歩みを進めるということですね。
ふむ、黄色い帽子と大きなランドセルが良い風景でした。

Img_4767

そんな四月になって、カミさんとも桜の花見を約束していたので。
今日は自転車二台を連ねて名古屋城へと向かいました。
快晴の青空で、ちょっと汗ばむぐらいの陽気でした。
二台の自転車走りも一年ぶりぐらいです。
名古屋城の城を背景に、桜も満開。

Img_4790

そして人出も賑やかで、外国語が華やいで聞こえてきました。
入場料は自分が敬老手帳で100円、カミさんは500円。
もういっぱい桜を堪能しているので、茶店で抹茶をいただき一息つきました。
なんだか、毎年の事とはいえ、こうして春に「桜の花見」が楽しめるのは、庶民の風物詩です。
でも、やっぱり今年の桜は今年のものです。
近所の公園や用水脇などでも桜が、ほんとうに満開です。
「日本の四季」桜に、どことなく和まされた春の一日でした。

Img_4780

« 春になって | トップページ | 坂井希久子「居酒屋ぜんや」シリーズ  »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 春になって | トップページ | 坂井希久子「居酒屋ぜんや」シリーズ  »