« 四月・桜・一年生 | トップページ | 蛙とメダカ »

2024.04.13

坂井希久子「居酒屋ぜんや」シリーズ 

4月13日 美味しそうで、おもしろい!本

Img_4654
図書館の書棚から何気に見つけた坂井希久子さんの本です。
このシリーズの前に「江戸彩り見立て帖」というシリーズの
朱に交われば色にいでにけり粋な色野暮な色という三冊を読みました。
貧乏長屋に暮らすお彩、京男の右近も交えて、色彩の才能を発揮します。
江戸時代の色の奥ゆかしさについつい魅せられてしまいました。

どうも、昔から作家ごとに読み続けるのが趣になっています。
それがシリーズとなっていると、ついつい続けて読んでしまいます。
小説、時代小説が描き出す江戸の町文化のようなものが面白いです。
作家の人となりが表れて、いろいろ想像できるのが楽しい。
この想像しながら、小説世界に没頭できると、
ある種の現実世界から離れられる、そんな気もします。

「居酒屋せんや」シリーズは6冊まで読みました。
全部で10冊以上出ています。

ほかほか蕗ご飯
ふんわり穴子天
ころころ手鞠ずし
さくさくかるめいら
つるつる鮎そうめん
あったかけんちん汁
ふうふうつみれ鍋
とろとろ卵がゆ
ほろほろおぼろ豆腐
さらさら鰹茶漬け
すみれ飴花暦
  ・
  ・
  
どのタイトルを見てもとても旨そうです。
夫に先立たれた、美しい女将「お妙」が切り盛りする「居酒屋ぜんや」
ここには,鶯を飼育する旗本の次男坊や太物屋の隠居、酒問屋の主人などが出入りします。
お妙は亡き夫の姉や裏長屋のおかみなどの助けもあり店を営みます。
そうした人たちが、お妙の作る料理に舌鼓をうち「旨い!」と。

人間関係のしがらみや、恋心、そして、近しい人たちの「謎の死」
といった話が展開されます。
庶民の料理の味と人情がいいですね。

まだ半分ほど読んだところですが、なんだかほんとうにうまい料理に引き込まれそう。
時代小説でも、こういう面白い本があるのだと思いました。

カミさんの出かける日に、夕食は作るのは自分だけれど、いつもきまっています。
バリエーションのない料理もどき、旨い!というものが作れない、料理には縁遠い自分です。
ああ、こういう旨い料理が出てきたら、いや、作れたら満足するのですが。

こういう江戸時代の庶民の食文化
レトルトや手軽さが中心の今とは違うのですね。
そんな居酒屋ぜんやに関わる人の死、これも謎を解き明かす楽しみです。

今日、続きを三冊図書館で借りました。よっしゃ!




« 四月・桜・一年生 | トップページ | 蛙とメダカ »

コメント

こんばんは。

すっかりブログから遠ざかっていました。
今夜、ここへきて、居酒屋ぜんやシリーズ読まれてることを知りました。

二人の関係にいつもニヤニヤしながら読んでいたのを思い出しました。
今は、このふたりの養い子になったお花ちゃんが中心に話が進められていますよ。

あ、わたくしげんきにしとりますんで・・・。

これを最初に書くべきでした。
ドラゴンズ、凄いですね~。
幸せを感じてるんでしょうね。

お元気でなによりです。

お顔がじゃなくて、お声がじゃなくて、おブログが静かだったので、
はてどうされてるのか...と思ってましたが、いつもの文章にほっとしています

居酒屋ぜんやシリーズはやっぱり読まれてましたね。
このシリーズを終えたら、さて次は…
また紹介してくださいね。

春の珍事のドラゴンズです、監督が余計なことさえしなければ
まあ、カープよりは上にいるはずですが(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 四月・桜・一年生 | トップページ | 蛙とメダカ »