« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »

2024年4月

2024.04.13

坂井希久子「居酒屋ぜんや」シリーズ 

4月13日 美味しそうで、おもしろい!本

Img_4654
図書館の書棚から何気に見つけた坂井希久子さんの本です。
このシリーズの前に「江戸彩り見立て帖」というシリーズの
朱に交われば色にいでにけり粋な色野暮な色という三冊を読みました。
貧乏長屋に暮らすお彩、京男の右近も交えて、色彩の才能を発揮します。
江戸時代の色の奥ゆかしさについつい魅せられてしまいました。

どうも、昔から作家ごとに読み続けるのが趣になっています。
それがシリーズとなっていると、ついつい続けて読んでしまいます。
小説、時代小説が描き出す江戸の町文化のようなものが面白いです。
作家の人となりが表れて、いろいろ想像できるのが楽しい。
この想像しながら、小説世界に没頭できると、
ある種の現実世界から離れられる、そんな気もします。

「居酒屋せんや」シリーズは6冊まで読みました。
全部で10冊以上出ています。

ほかほか蕗ご飯
ふんわり穴子天
ころころ手鞠ずし
さくさくかるめいら
つるつる鮎そうめん
あったかけんちん汁
ふうふうつみれ鍋
とろとろ卵がゆ
ほろほろおぼろ豆腐
さらさら鰹茶漬け
すみれ飴花暦
  ・
  ・
  
どのタイトルを見てもとても旨そうです。
夫に先立たれた、美しい女将「お妙」が切り盛りする「居酒屋ぜんや」
ここには,鶯を飼育する旗本の次男坊や太物屋の隠居、酒問屋の主人などが出入りします。
お妙は亡き夫の姉や裏長屋のおかみなどの助けもあり店を営みます。
そうした人たちが、お妙の作る料理に舌鼓をうち「旨い!」と。

人間関係のしがらみや、恋心、そして、近しい人たちの「謎の死」
といった話が展開されます。
庶民の料理の味と人情がいいですね。

まだ半分ほど読んだところですが、なんだかほんとうにうまい料理に引き込まれそう。
時代小説でも、こういう面白い本があるのだと思いました。

カミさんの出かける日に、夕食は作るのは自分だけれど、いつもきまっています。
バリエーションのない料理もどき、旨い!というものが作れない、料理には縁遠い自分です。
ああ、こういう旨い料理が出てきたら、いや、作れたら満足するのですが。

こういう江戸時代の庶民の食文化
レトルトや手軽さが中心の今とは違うのですね。
そんな居酒屋ぜんやに関わる人の死、これも謎を解き明かす楽しみです。

今日、続きを三冊図書館で借りました。よっしゃ!




2024.04.07

四月・桜・一年生

4月7日 春の桜の記憶写真

Img_4743

今年も岩倉市の五条川の桜を見に行きました。
名古屋から自転車で20キロほど走りました。
年年歳歳、今年の桜は、やはり今年の桜であって、来年も...となるかわかりません。
体力勝負の歳ということです。
薄曇り空、平日で人出も混雑とはなりませんでした。

Img_4745

薄曇りの日の桜も情緒があります。
途中で買ったコンビニのおにぎりなどを、ほぼ満開の桜の下で、のんびりと食べました。
「桜きれいだね」と自分で自分に問いかけて、桜も「そうでしょ」と応えてくれる
一人桜遊山の自転車走りの楽しみということです。

Img_4747

この日は小学校の新一年生になる孫が四年生の姉(孫)と初の登校でした。
初々しい登校風景でした。
姉妹で同じ学校に通えるのはいいものです。
新しい世界、小学校という世界に歩みを進めるということですね。
ふむ、黄色い帽子と大きなランドセルが良い風景でした。

Img_4767

そんな四月になって、カミさんとも桜の花見を約束していたので。
今日は自転車二台を連ねて名古屋城へと向かいました。
快晴の青空で、ちょっと汗ばむぐらいの陽気でした。
二台の自転車走りも一年ぶりぐらいです。
名古屋城の城を背景に、桜も満開。

Img_4790

そして人出も賑やかで、外国語が華やいで聞こえてきました。
入場料は自分が敬老手帳で100円、カミさんは500円。
もういっぱい桜を堪能しているので、茶店で抹茶をいただき一息つきました。
なんだか、毎年の事とはいえ、こうして春に「桜の花見」が楽しめるのは、庶民の風物詩です。
でも、やっぱり今年の桜は今年のものです。
近所の公園や用水脇などでも桜が、ほんとうに満開です。
「日本の四季」桜に、どことなく和まされた春の一日でした。

Img_4780

2024.04.03

春になって

4月3日 腰痛
Img_4508
【笑えるほど溜る、溜る 猫写真】

しばらくブログの更新も怠っていた。
日記みたいなもの、相手のない便りのようなもの
一方通行なので、まだ生きている、まだ健在だと記す、そういうものでしかないけれど。

春になって朝の水道水も少し温んできた。
厳しい寒さから解放されると
さて、桜の開花はどうだろう、今年は少し遅れているようだし。

今年からピカピカの一年生になる孫は元気に学校に通えるだろうか
なかなか顔をあわせる機会が減ってしまったが
子どもの成長は早いものだと思う

子どもだけでなく、2歳半で我が家にやってきた猫もすっかり慣れたようす
犬は人につき、猫が家につくと言われるが
朝夕のご飯ももらい、ニャーと鳴けばおやつももらえる
ときどき「岩合さんの”猫歩き”」のテレビも堪能している

春になると身体もどことなく軽やかに
こういうときは油断するもので、少し部屋の整理をしていて腰を痛めた
二十代のころから続く腰痛、椎間板ヘルニアという、大層な病名もついている
不治の病だと思っている
針だ整体だと、頑張ろうとは思わないので現状維持できればいい

長く付き合う持病のようなものは、原因も症状も 腑に落ちている
ああ、これに追加して、やれ糖尿病だ高血圧だと
こういうものも、ほどほどの治療でいいのに
行きつけのクリニックで「では、薬をふやしましょう」と

あそこが痛い、ここが痛い、数値が悪い、運動しろ...
人生をネガティブに考えても仕方がないので
「ほどほど」がよいと思うこの頃

今年も岩倉市の五条川まで自転車をはしらせるか!問題は花を散らす雨かな





« 2024年3月 | トップページ | 2024年5月 »