« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »

2024年3月

2024.03.10

桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿

3月10日 月ヶ瀬梅林、茶畑、鈴鹿の森庭園そして梅盆栽

P1190148
【月ヶ瀬梅林渓谷】

厳しい寒さも和らいで、桜の季節はすぐそこまでやってきました。
梅の見頃を求めて、3月の初めに奈良の月ヶ瀬梅林と、三重県の鈴鹿の森庭園に行ってきました。

足の心配のないバスツアーに乗っかってです。
車でも十分行けるところですが、最近は送られてくるパンフレットを見ながら、手軽な日帰り旅が我が家の定番です。
この先、歳を重ねると観光バスで「連れて行ってもらえる」ツアーは、それはそれでいいものです。

古くからの梅の名所と言われる「月ヶ瀬梅林」は、名張川に沿った渓谷にあり、平地の公園などに植えられた梅とは、また一味違う景色がとてもいいです。
まだ下の方は満開とはいえないながら...梅の季節の情緒は楽しめました。
帰りに白い梅の盆栽を迷いながら衝動買いして、鉢を抱えながら土産でした。

梅の鉢の蕾は自宅に帰ってあっという間に満開になり、窓辺を飾ってくれます。
梅の香りが部屋の中に漂い、猫にはどうだろうと思いましたが、猫もそれなりになじんでくれました。
「桜を切る馬鹿、梅を切らぬ馬鹿」とはよく言ったものです。

Img_4613
【梅の盆栽、剪定の楽しみがありそうです】

玄関先の早咲きの「河津桜」が、今年はなぜか花がつかず、葉桜になっています。
桜の枝の剪定がよくわからないし、肥料もよくわからない。
来年も咲かなければ、「他のものに植え替えるぞ!」と花に責任転嫁している。
桜を切る馬鹿ならぬ、桜を育てられない馬鹿ということでしょうか。

小さな鉢植えの梅は見事に満開になって、今は花びらを散らしはじめました。
枝を切りそろえて、上手に育てられるか、腕のみせどころ。
とはいえ、命あるものを育てることの難しさで、人も動物も植物も同じです。

バスツアーですので、遠くに鈴鹿の山並みを見ながら茶畑をあるいたり、鈴鹿の森の庭園の見事なしだれ梅を堪能したりしました。
梅三昧の今年の春先の一日でした。

P1190174
【遠くに鈴鹿の山並みと茶畑のコラボ】

あとは、あとは「桜の季節」が待ち遠しいところですが、人生一期一会、人もそうですが、風景というものも、その時々の想い出が残ります。
それほど豪華でもない普通の小さな旅の積み重ね、近所の梅の木に小鳥がやって来て密をついばんでいます。
そんな、わずかな光景を楽しんで、人生の日々がつながってゆくのでしょうか。

P1190180
【鈴鹿の森庭園のしだれ梅】


« 2024年2月 | トップページ | 2024年4月 »