« 梅の香ほのかに | トップページ | 桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿 »

2024.02.29

今年も確定申告

2月29日 ちょっと腹立たしい限りだなぁ

国税庁のホームページから確定申告の書類作成に入り、今年も確定申告を提出した。
国会議員の裏金問題が言われ、どこにも出ない金だから、使途も明細も資料も暗闇のなか。
政治家はそんなに金がかかるのか、そんなに杜撰な金銭感覚なのか。
何をごまかそうと企んでいるのでしょう。
裏金を「還付金」などと、まことに空々しいものだ。

例年のように源泉徴収票や社会保険料や生命保険料の控除の証明書を手元に置いて収めた税金がどうだったのか。
還付があるのか、それとも納税額に不足があり、納付しなければならないのか。
実にややこやしい。
それでも律儀に納税義務を果たそうと健気に努力する。

庶民にとって、収入、所得額、課税所得額、諸控除などなど、パッと見てすぐに理解することの難しさ。
年と年度の区別とか生命保険料控除の種別とか、扶養控除などなど。
働いて年末調整して、源泉徴収されれば、はいお終い。
そんなサラリーマンのしくみが、良かったのか悪かったのか。

きっと、みんな苦労して確定申告しているのだろうと思うと、ウン千万円の濡れ手に粟の裏金取得は腹立たしい。
どこかの議員のキレ記者会見があって、どこかの町長の99のパワハラ、セクハラがあって。
それでも自分は悪くはない、俺様は「議員だ!」と。

人格とか品位もさることながら、民主主義や人権感覚さえ疑わしい。
いや民主主義や人権意識があれば、もし本当に間違っていたと反省するなら、隠し事のための嘘もやめて、事実をありのままに明らかにするのだろうが。
嘘とごまかしは政治家とドロボウーの始まり...ガックリきてしまう。

「越後屋、おぬしも悪だのう」「お代官様もでございます、ひひひ」
江戸時代の悪の権化たちの私利私欲にまみれた姿が、姿と形を変えて現代に蘇っていると言えるのだろう。



« 梅の香ほのかに | トップページ | 桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 梅の香ほのかに | トップページ | 桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿 »