堀川 :橋のある風景

  • 19 堀端橋より名古屋城を
     名古屋の歴史を物語る「堀川」の現在を撮ってみた。  清流の戻る日が待ちどおしい。

堀川:桜のある風景

  • 74 庄内用水元杁樋門
     4月上旬の桜が満開となった休日  「堀川」端の桜のある風景を撮ってみました

« 来た!来た!暑い夏が真っ盛り | トップページ | 戦争映画 »

2019.08.03

ねぎ

8月3日(土)家庭菜園もどき

こうも暑いと朝晩はともかく気温もぐんぐん上昇する昼時は喉越しのよい麺類がついつい増える。
昨日もソバを喰ったが、まっ、今日もソバにするか!と。
けっこう前に九条ネギを買ってきて、根っ子の部分を植木鉢にさしておいたら、これがけっこう成長する。
20センチほどに延びたので収穫して、ソバの薬味にしてらちょうど良かった。
ほんの遊び程度の「プチ家庭菜園もどき」というわけだが、土地を耕し、畑をつくり、食する野菜を育てる。
そういう醍醐味の数百分の一でしかないが、自分で植えた野菜を自分で食べるっていうのが「普通」であって、土地がなくても「プランター菜園」に勤しむ方の、楽しみの気持ちがほんのわずかではあるが理解できた気もする。
食べること、着ること、住まうこと・・・そうした暮らしの在り様に、できるかぎり自然であり、謙虚であり、そして清貧。
なんだか衣食住のあれこれがわずらわしく思える時、金さえ出せば何事も済んでしまうと思える時・・・きっと精神が病んでいる兆候なのだと思う。
メダカとアサガオの次は「プランター菜園」かなぁ~と思う貧乏庶民の叶えられそうな夢か(笑)

« 来た!来た!暑い夏が真っ盛り | トップページ | 戦争映画 »

コメント

「メダカが死ぬ夏」というのもスゴイですねぇ・・・

メダカも必死に生きてる...と思う夏です。
短い命を終えようとしてる蝉が地面でジージーと鳴くのを見るとみんな生きとし生けるものたちの「けなげ」さに...

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 来た!来た!暑い夏が真っ盛り | トップページ | 戦争映画 »