« 土筆(つくし)ニョキニョキ庄内川 | トップページ | 桜チェック »

2019.03.11

あれから

3月11日(月) 普通に暮らせるありがたさ

8年前の2011年3月11日、東日本大震災で多くの方々が被災した。
あの日、職場のカウンター越しに来客対応をしていた。ゆっくりと揺れが来て、眩暈を起こしたのかと思った。
遠く東北地方の地震が名古屋でも感じられた日。
しばらくして、テレビ報道を見たYさんが「津波の被害が凄い、地獄のような・・・」たしか、そう言ってたことを思い出す。

その後しばらくして、福島の原子力発電所から水蒸気があがり爆発を起こした。
メルトダウンを起こしたら、もう汚染は拡散して、あのチェルノブイリの二の舞になると思うと、とてつもない恐怖や不安が襲ってきた。
あれから8年の歳月が経つが、復興も途上だしまだ故郷に帰れない方々もいる。
何にもまして、原発を廃棄して自然エネルギーなどへの転換が基本のはずが、「原発廃棄」という方向すら見えなくなって、いったいあの8年前に感じた思いはどうなったのだろうかと。
今でも思い続けているのは、何事もなく普通に暮らせることのありがたさであり、原発を廃棄して、自然エネルギーなどへと「エネルギー政策」の転換が未来への道、ということ。
何事も忘れずに、あの8年前の衝撃を心に持ち続けることだと思う。

Img_0001


宇江佐真理さんの本を読み続けている。
最近面白いと思ったのは「十日えびす」。江戸の時代小説であって、実は現代小説の読後感だ。
引っ越しした先の裏店で繰り広げられる人間模様。もう、そのまま現代の親と子、兄弟関係、向こう三軒両隣、よくもまあ、こうした住人たちの暮らしぶりや人間関係を描いたものだと感心する。
貧しいけれど普通に暮らす、その普通の暮らしのなかの喜怒哀楽。
普通に暮らすために、人は我慢もしながら、情を交わせあうという、下町風情がある。
良いも悪いすべてを受け入れ、辛抱しながらも、人との交情を築いて行くという、普通の家族にあるしがらみを捉えるところが見事といえる。
そうした市井の裏店人生ともいえようか、人間っていいものだ!とちょっと心が洗われる思いの作品で、読み応えがあるのでおすすめ。

|

« 土筆(つくし)ニョキニョキ庄内川 | トップページ | 桜チェック »

ちょっと読書感想」カテゴリの記事

コメント

●東日本大震災から8年。つくづくせめて原発事故がなかったらなぁ・・・と思います。原子力って廃棄場所も含めて「未完成な技術」を導入しているとしか思えない。
●下町風情ですか・・・宇江佐真理さんの本、図書館で捜してみますね。昨日、新しくできた県立図書館(那覇市のバスターミナルの上にあります)に行ってきました。あそこならありそうだなぁ・・・

投稿: マミケン | 2019.03.12 07:42

こんばんは、しばらく休憩していました。
本当は、パソコン部屋が混乱していて近づけない状態だったのですが、もう春本番、気を入れて・・・

投稿: ちょっと一休み | 2019.04.06 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 土筆(つくし)ニョキニョキ庄内川 | トップページ | 桜チェック »