« 小さな旅の自転車(ブロンプトン) | トップページ | もみじ狩り »

2017.11.23

ジョージ・オーウェルの本

11月23日(木)「1984年」「動物農場」

ジョージ・オーウェルの小説2冊を読み終えた。

Img20171123_050


図書館の書棚から一冊、もう一冊は取り寄せしたが、なぜジョージ・オーウェルを読もうとしたのか、自分でも動機がよく分からない。

「1984年」は発行当時から30数年の後の1984年というから未来小説であった。
独裁体制下の全体主義国家における「反逆者」の洗脳の恐怖が描かれている。

他方「動物農場」は一種の寓話物語で、人間の営む農場から動物たちが人間を追い出し動物たち自身で農場という「楽園」を作って行くが、そこが自身の楽園になりえたのか・・・

一つの政治権力が創り出す世界。

Img20171123_048


当時としてはスターリン体制下のソ連を想起させるものであろうが、この二作品は同じモチーフの異なる作品といえる。

政治権力が生み出す権力の構造と人間(動物)支配の物語は、今日のそうした独裁国家のとる政治手法と基本的には同じものといえるが、はたして「独裁国家」にのみ共通するものかといえば、そうとだけは言えまい。

「平和の名のもとに軍事体制の拡大」「繁栄を吹聴する裏で差別社会の拡大」「民主主義の仮面をかぶった独裁」、そうしたおかしなことをまことしやかな社会と描くには「嘘」と「監視」がつきものである。

実に読後感の悪さが残る本であるのは、小説の世界を微妙に現実社会と対比させてしまう自分のほうに根拠がある。

政治権力のおぞましさ、嘘と虚構を体制維持の方法とし暴力で洗脳する。
マインドコントロールの方法は知らず知らずに自分自身をその圧政の側の信望者と化して行く恐ろしさであり、何も他人から無理強いされているばかりではない・・・自発的にその「虚」を「真実」と思いこむところに恐怖がある。
本当のことを見抜く力を自分は養えるのか、という不安でもある。

|

« 小さな旅の自転車(ブロンプトン) | トップページ | もみじ狩り »

ちょっと読書感想」カテゴリの記事

コメント

読書って、人によって違うから面白い。書斎の背表紙の題名を見るだけで、何となくその人が分かる気がします。

投稿: マミケン | 2017.11.24 08:48

本の好みはほんとうにいろいろですね。ついでに遅読、速読、積ん読(笑)・・・
そんな紙の文字もデジタルの波に追われる昨今、本を開く姿も「古き良き時代」になっちゃうんでしょうかねぇ。

投稿: ちょっと一休み | 2017.11.26 20:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 小さな旅の自転車(ブロンプトン) | トップページ | もみじ狩り »