« 歳時記カレンダー | トップページ | ジョージ・オーウェルの本 »

2017.11.19

小さな旅の自転車(ブロンプトン)

11月19日 輪行すればけっこう遠くまで行ける

週末の18日(土曜日)は琵琶湖方面へのサイクリングの予定だったが天気予報は雨。
雨を見こして事前に中止となったが、皮肉にも前後の日は晴れだった。
今年は雨や台風や仕事などで計画が中止となる一年で、週末ごとに雨の日も多かった気がする。

晴れの日は、晴れているだけで嬉しいものだ。自転車など晴れていてこそだから。
雨を避けて金曜日に名古屋から瀬戸市まで35キロほどを走った。
兄らが住む瀬戸市は名古屋からは緩やかな上りとなる。
広い濃尾平野は起伏が少なく平たんな地形とはいえ、やはり東部方面に向かうと「上り」となる。
列車や自動車で行き来すると気にもしないが、自転車ではよくわかる。

庄内川の右岸にそって北上し、西区、北区と進み、守山区からはいわゆる「龍泉寺街道」を志段味方面に進む。
昔は一車線の道路も整備され今は町並みがすっかり変貌している。
志段味中学校付近から尾張旭・瀬戸方面に進むと紅葉の木々が道の両側をおおい、愛知県森林公園に続く。

Photo
【森林公園でちょっと一休み】


昼飯はどこかの店に入るつもりが、自転車の鍵を忘れたので、途中のコンビニで「おにぎり」を買い、森林公園でちょっと淋しいが、秋の空を眺めながら昼飯となる。
今日は兄宅に資料を届ける予定もあったが、電話すると不在とのことで、ポストに投函する。
マイカーならば一時間ほどで着くところを、3時間ほどかけて、のんびり来たわけだ。
晴れた日だからこその「一人自転車サイクリング」で、申し分のない一日。

帰りは名鉄瀬戸線に自転車を担いで「輪行」する。
平日の学生さんたちがぼつぼつ下校する時間でもあったが、電車は空いており座席の横に自転車を置く。
折り畳み自転車の面目躍如である。

Img_1314
【こんなに小さく畳むと自転車とは思えないなぁ】

35キロを半径で円周を描けば、名古屋から北は岐阜市、西は桑名市、南は半田市あたりまでの直線距離となる。
ずいぶん遠くまで行ける距離になる。
しかし思ったのは行きの上り道を電車の輪行にして、帰りの下り道を自転車にしたら、もう少し楽なサイクリングになったかも知れないと。

|

« 歳時記カレンダー | トップページ | ジョージ・オーウェルの本 »

自転車・街角散歩」カテゴリの記事

コメント

自転車畳むと小さいですねぇ・・・そうかタイヤが小さいサイズだからですね。

投稿: マミケン | 2017.11.20 11:40

寒くなりましたね~。

「輪行」
ますます火野正平さんっぽくなりましたね~。

これから自転車は寒さとの戦い(?)になるのでしょうか?
体調はその後いかがですか?

投稿: tami | 2017.11.22 09:43

間宮さんこんばんは。
16インチの小径車の折畳自転車です。もっぱら輪行用に使っていますが、疲れが少ないのは、値段に応じた設計(笑)、になってるからで、お気に入り自転車ですね。

投稿: ちょっと一休み | 2017.11.23 18:43

tamiさんこんばんは、寒くなりましたね。
「こころ旅」九州の旅になって、思い出すのオートバイに二人乗りして向かう海岸・・・想い出っていいものですね。
冬になり寒さに溶け込んで、やっぱり自転車走らせる冬になりそうです。歳相応に元気にやってますよ。

投稿: ちょっと一休み | 2017.11.23 18:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歳時記カレンダー | トップページ | ジョージ・オーウェルの本 »