« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017.07.15

人間ドック

7月15日(土) 忙しかろうが暇だろうが日々は過ぎて行くなりぃ~

孫の世話に追われパソコンを開くのも久しぶりだが、ネットを見るだけならばスマホとかタブレットで事がたりる。

起動し立ち上がる速さはPCの比じゃない。もっともアンドロイドなどはその初期は遅いしフリーズするしで、今とは雲泥の差だった。

というわけで、少し時間とれたのでキーボードをたたいている。
「孫の世話」と書いたが、孫の相手をして遊んだりしてるだけじゃなくて、掃除や洗濯や昼飯や・・・、一人よりも二人、二人よりも三人と家族の人数が増えた分、洗濯は通常の倍々、埃だってやたら増えるわけで、ただただ孫の相手をするだけならば少しは気楽だけど・・・

ボランティアの活動もしばらく猶予をもらい、調整をして昨日は「人間ドック」を受診した。
この2年ほど医療機関とはご無沙汰していたが、いよいよ妻の健康保険の被保険家族から外れることとなるので、最後の「被保険者」としての受診となった。

検査機関で検査用の衣類に着替えて順番を待つ。みな同じような検査服で待合所に並ぶ姿は当然のこととはいえ、なんとなく不思議な光景のように思える。

病人ではないから暗さはないが、検査結果によっては問題があるかも知れない・・・と、きっと誰彼なく思っているに違いない。見えない不安とでも言おうか。

ごくごく普通に尿検査、心電図、胸部X線、腹部X線、エコー、血液検査などを終えたが眼圧と眼底カメラ(だと思ったが)がちょっとおかしい。視力・聴力項目数値は歳相応なものだったが、眼圧と眼底カメラがうまく測定できない。何度も繰り返した結果、ちょっと首を傾げながら「いいでしょう」と・・・
こういう測定者の「?」という表情を目ざとく見つけて、もしかして~もしかして~♪
「眼」のなかに何か異常でもあるのだろうかと、いやいや目を酷使してきたツケがやってきて、行く々々は「異常~!」ってなことになって、読書も禁止!などと、まあ不安ってやつは、どこまでも増殖するものである。

後日検査結果が送付されてくるが、どうぞ歳相応の衰えは我慢するとして、通院とか入院とか手術とかは勘弁してほしい。
病院は普通人を病人にしてしまう!と言ったら言い過ぎだけど、あまりお世話にはなりたくないものである。

| | コメント (2)

2017.07.05

保育士みたいなもの

7月5日(水) 三輪車と孫と・・・

Photo

個人的な感想として言えば、写真ってものを撮って、その写真の被写体と自分がどう関わっているかという、ある意味「物語」がある写真が、まあ好みであって、そこに「物」や「風景」があったとしても、個人的なものではなくて一般化された対象物であるならば、それは自分の好みではない。

三輪車が乗り捨てられて、これは孫が実家帰りした時のお散歩用にと購入したもの。
ただの三輪車で機能や形などどうでもよく、こいつに乗れば数百メートルは「散歩」できるという、子どもにとっては秀逸な乗り物で、大人にとってもご機嫌な孫のキコキコ姿に気を良くするという代物。

三輪車というのは実に子どもが、ある意味「家庭」から脱出する夢のような現実の乗り物だと思えてならない。

娘の二人目の子が生まれ、親子で実家帰りしている。さぁ~てえへんだ!
0歳クラスと2歳クラスの保育園と化した我が家では、自分はさしずめ二人目の保育士のごとく、一日が過ぎている。

近所の公園まで午前中は「遠足」し、午前だけでは足りないのか午後も近所をぐるぐる。
保育園ならば、広い園庭や遊戯室などがあるものだが、狭い我が家では、やはり狭すぎる。

雨の日も「雨傘」がお気に入りときたもので、傘をさしてお出かけ・・・昨日も車に気を付けながら800メートルは一緒に歩いたが、これも幼児の体力勝負で、疲れると「抱っこして~」と。

抱っこするのも60肩に重くのしかかるが、寝てしまうと、もう13キロの幼児の体重がただでさえ重い、とてつもなく重い。

そうして子どもの相手をしながら、洗濯をしたり昼食の用意をしたり、いやはや体力勝負になるが、下り坂を転げるように体力の低下を余儀なくされるこの歳、かたやそんなことなど「忖度」するわけのない「孫」のあれこれへの興味は一日尽きることがない。

返却期限の迫った図書館本の読書も遅々として、自転車散歩など論外中の論外というわけで、私めの気力と体力も、この小さな「悪魔」には勝てないという今日この頃なのである。



| | コメント (2)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »