« 電車の話 | トップページ | 春が来た~♪ »

2017.03.13

日にち薬的自然治癒力

3月13日(月) 右肩痛

右肩の痛みが続きどうもいけない。あそこが痛いここが痛いと、老いの哀しみ。(笑)
シニアうつ病の要因の一つに、こうした身体の衰えへの無防備がある。
歳とともに、身体のケアは意識しないとだめだろう。

右肩をくるくる回すと、ふとした瞬間に「痛てぇ」となる。今年になって顕著になった。
右腕は利き手で、箸もハサミもキーボードも、卓球のラケットも長年お世話になってきた右腕なので、少し休みなさいという合図なのだろうか。

野球の投手が「右肩に違和感がある」とか「右肩痛」と言われるのと同じだ。もっともレベルが違うが、これが原因だ!というのも分からないから、突然痛みがやってきた。
歳だよ、歳、という解釈にはどうも心が納得できない。

先日散髪のおり「もう、整形外科が必要かなぁ」と話すと、「40、50肩ならば自然に治癒するでしょう」というが、日にち薬的自然治癒力に委ねるか、西洋医学の扉をたたくのか迷いどころである。

湯ぶねに浸かって軽くストレッチをする分には痛みはでないが、寒い日にはひどく痛むような気もする。痛いと思うから痛いのか・・・

自転車のハンドルを握るのは差し障りはないので、このまま自然治癒力にまかせようと心が働くが、それがままならなくなれば、間違いなく速攻で医者の世話になるに違いない。

「日にち薬」、辛いことも時間がすぎれば治癒されてゆく、右肩痛も暖かくなり桜の花の咲くころにはもとに戻るだろうか。
「おじいちゃん肩痛い?こちらの方・・・」と話しかけてくる孫の「特効薬」も、ふむ、まだ効果は表れていないのだなぁ~。

 

|

« 電車の話 | トップページ | 春が来た~♪ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 電車の話 | トップページ | 春が来た~♪ »