« 名残惜しむ紅葉かな | トップページ | 泣かせ屋 »

2016.12.08

なごやの魅力

12月8日(木) 名古屋港にかかる吊り橋「トリトン」の車窓から

Img_0005

少し前に、観光バスで障害者作業所の団体見学に行ったおり、名古屋港にかかる吊り橋トリトンの上を走った。

名古屋港は貨物の取り扱いでは日本有数の産業貿易港であり、車窓から眺める風景は、おせじにも素晴らしいとは思えなかったが、工場機械マニアからすると、つぶさに見学してみたくなるところかもしれないのだが。

その数日後、中日新聞で名古屋に住む人へのアンケートで、たしか8割ほどと思ったが「名古屋は魅力のない都市」という評価がされているという記事にお目にかかった。
東京や京都や大阪や、大都市のなかでも、そこに暮らす人から「魅力ない」というのが断トツであったのは、不思議といえば不思議、当然といえば当然のように思われる。

観光名所は名古屋城?東山動物園のイケメンゴリラ?テレビ塔?名古屋港水族館?・・・そういうものがあまり出てこない。
観光客を呼ぼうと名古屋城の木造再建とかレゴランドとかリニア新幹線とか、あれこれ名案か迷案か知らないが論議されている。

そういうものをあちこち建設して「観光都市」化して、東京や大阪と肩を並べようとしても、たぶん、おそらく「大いなる田舎都市」の名称は消えないのじゃないかと思う。
例えば愛知県は寺社仏閣が全国で一番多い地域であり、江戸期の名古屋文化は最も栄えた地域であり、戦国武将を輩出した土地柄でありという、そういう歴史文化自体が、都市の中で息づいているかというとそうでもない。掘り起こす作業も片手間と思う。

東京大阪京都に負けまいと観光都市つくりをしても、そこに住む人たちが観光都市化を目指していないのだから、目線が違うのだと思う。

名古屋というのは、まだ暮らしやすい都市だと私は思う。巨大ビルが林立し、あの高村光太郎の「智恵子抄」の時代から「東京には空がない」と言わしめた、その東京を模倣して、それを良しとするよりも、名古屋市16区の知られざる地域や文化に目を向けて、そこから「地域起こし」につながれば、暮らしやすく、都会で会って、田舎文化が残る、そういう街づくりになるのではと思うと、どうも今はそのビジョンやコンセプトが、ちょっと貧しいというか無い。

と思うのだが、駅前再開発やリニモや名古屋城やレゴランド・・・いやはや、お上の考えることは庶民とは別のところにあると思えてならない。
自転車好きの私など、この比較的広い道路事情を生かして自転車文化の最先端都市、くまなく自転車レーンを走らせ、高齢者にも優しい市電文化を復活させ、車のいらない歴史と文化の都市なごや・・・な~んてのを、夢想するのだが (笑)

|

« 名残惜しむ紅葉かな | トップページ | 泣かせ屋 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ははは「魅力のある都市」とは何なのか?ディズニーランドがある?スカイツリーがある?みんな一過性の物である。

「高度成長」を追っている限り「名古屋の魅力」は見えないはずである。「高度成長=経済力」である。そんな守銭奴みたいな生き方が本当の幸せなのか?

国民の年金を「株」に使うような馬鹿な首相を持つ国に住む僕らは「自分の立っている場所」を見直す必要がある。「いい物はいい」「悪い物は悪い」と。

僕が20年前画文集「名古屋散歩」で言いたかったのは「もっと身近の風景を見てみましょう」だったのですが・・・

投稿: マミケン | 2016.12.09 17:01

18歳で岐阜の田舎から名古屋に来て隣の家の咳払いまで聞こえるような家並みにビックリしたけど、住めば都だ。適当に田舎で町で人情も少しはある。売りの観光地はなくてもいいよ、京都や東京の人混みがウンザリする私には、黒川の桜並木とか市民のひっそりとした憩いの場所を観光地化して欲しくないね。

投稿: 杉山 | 2016.12.10 13:03

間宮さんこんばんは。
名古屋の魅力って何だろうとよく思います。「名古屋散歩」の風景はごくごく身近なそこに住んでる人にとっては潤いのある風景でしたね。それも当時の風景から変貌し始めて・・・
「経済効果」とか「経済発展」というまやかしが金科玉条のように一人歩きしているのだと思えてなりません。やっぱり少しづつ住みにくくなってきました。

投稿: ちょっと一休み | 2016.12.10 22:46

杉山さんこんばんは。
長野で生まれ瀬戸市で育ちそれ以上に名古屋で暮らす日々が長くなりました。カミさんは生粋の名古屋人。どうも、そこらへんの埋められない「溝」を何かの拍子に感じたりします(笑)
それでも名古屋、愛おしくも溜息も出てくる名古屋・・・歳月がすっかり名古屋人の風貌になったのかと苦笑してしまいます。

投稿: ちょっと一休み | 2016.12.10 22:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 名残惜しむ紅葉かな | トップページ | 泣かせ屋 »