« 続・自転車ぷらぷら | トップページ | 月夜の晩は »

2016.11.03

暖房

11月3日(木) オイルヒーター

暖房が欲しいと思う季節になりはじめた、ことに朝晩は。

Photo

寒いと思い着ぶくれしていたら「今からそんなのでは真冬にどうするの」と。

三畳半の納戸という「書斎」で使っていたオイルヒーターが10数年たち経年劣化して、コンセントが異常に高温になる。このまま使い続けると・・・

冬の暖のベストは1に南向きの暖かい部屋、2に羽毛布団やダウンなどの衣類、3に暖房器具、4に・・・暖かい鍋物とか、風呂とか、人肌とか。(笑)

暖房器具ならば暖炉とかペチカとか薪ストーブとか、当世家庭事情が許されない代物、家の空間全体を暖めるものが一番けど、豪邸もない。
エアコンなどは部屋を暖めはするが、どうにも情緒の無さが好きになれない。

昔ながらの石油ストーブ、ちょっと鍋やヤカン等をかけてというのは昭和の風情があるが、換気に困る。

オイルヒーターは長年使ってきて、電気代はかかるが、そこそこいい。ほんのりと部屋全体が暖まるのがいい。
10数年来の古いオイルヒーターを、さて処分となると粗大ごみでは出せない欠点もある。
オイルの摘出をしないと粗大ごみでは出せないのが玉にキズなのだ。

もっとも廃棄は十数年に一度のことだから、頻繁なことでもないが。(今回はガソリンスタンドでオイル処分をお願いして粗大ごみにした。)
古い家電製品の処分、もう取り扱い説明書もなくて、あちこち電話して聞きまくって、やっと処分して、もう火災死亡も心配なくなって、さてそこで、たった3畳半の部屋用にと、30センチそこそこの小さなオイルヒーターを「冬支度」したというわけだ。

トイレや風呂の脱衣所に適したものを納戸という「書斎」用に使うことになって、雰囲気としては、もう過去の遺物となった火鉢、あれをちょこんと置くようなものだ。
それに風呂上がりの寒い脱衣場での脳溢血などの予防にも応用できると・・・何年先の話やら。

|

« 続・自転車ぷらぷら | トップページ | 月夜の晩は »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

あれま、カワイイデザインのオイルヒーターですねぇ・・・

投稿: マミケン | 2016.11.04 12:17

ははは、三畳用のオイルヒーターですから。
試したらほんのり暖かいです。真冬の深々と凍てつくような日には威力を発揮しそうです。

投稿: ちょっと一休み | 2016.11.05 20:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 続・自転車ぷらぷら | トップページ | 月夜の晩は »