« やさしい秋の日 | トップページ | 奥浜名湖ポタリング »

2016.10.07

午後の珈琲

10月7日(金) 喫茶店で・・・

Img_2381
【コ○ダの珈琲、一杯400円なりぃ~】
快晴、秋晴れ。
久しぶりに喫茶店で読書しようと自転車で出かける。

在職中はほぼ毎日あちこちの喫茶店巡りをしていたが、退職を契機に自前のコーヒー派に転向した。
帰宅前のひとときを仕事のリセットコーヒーとしていたものだ。
今は自宅で入れる、ちょっとアメリカンぽいコーヒーで済んでるから、喫茶店は友人と話す場所ぐらいだ。

だから、こうして午後のひととき、文庫本を片手に飲むコーヒーは優雅!
知人のNさんは、一人暮らしになって、毎日通う喫茶店が日課だと言っていた。喫茶店で会う知り合いとの会話が貴重な「話す機会だ」と。

そういう老後の喫茶店の利用法もあるかも知れないが、毎日喫茶店に通う日々は自分には考えられない。

午後のひととき、店内の人声の喧騒のなかで、その雑音を打ち消すように、小説を読むというのが、都会のオアシスなので、忘れた頃に「久しぶりに・・・」と出かけるのがいい。

もうすぐ4~5人に一人は高齢者の社会になって、喫茶店はそうした孤独をやわらげる場所になるかも知れない。
いや、今日も一人黙々とスポーツ紙に目を通すお年寄りも少なくなかった。
暇をもてあます超高齢社会が現実味をおびてきた。

文化教室や旅行や趣味や映画や・・・、いろいろ「暇つぶしイベント」には困らない。
イベントはどこまで行ってもイベントであって、その何倍もの平凡な日常、普通の暮らしがある。
だから、思うのは日々の暮らしのあれこれに、自分の暮らし方を見つけることが大切だと。
衣食住、食べることや掃除や洗濯や所用や趣味など、毎日の自立した暮らしを作りたいものだと思っている。

|

« やさしい秋の日 | トップページ | 奥浜名湖ポタリング »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« やさしい秋の日 | トップページ | 奥浜名湖ポタリング »