« 肉筆詩集 | トップページ | 今年も、また・・・ »

2016.09.21

台風と日記

9月21日(水) つれづれに・・・

台風一過の秋の空とは程遠い雨まじりの天気。
昨日は名古屋地方も台風による大雨で、庄内川の水位がレベル2とか3とかになって、定点のライブカメラで見ると、たしかに通常の水位ではない。
我が家のもっとも危険な状況は高潮でもがけ崩れでもなく、庄内川の氾濫に尽きる。

江戸の昔からこの庄内川流域は村人にとっては自然と向き合う重大な関心事だったようだ。
川の傍に住めば当たり前のことだけど、この庄内川の水位の変化がいかに危険で重大事だったのかを、中村図書館が編纂した「中村公園 河童聞書き」という小本によって、改めて知ることができる。

この地方の郷土文庫からまとめたもののようで、表紙にコピー印刷したページをホチッキス留めした簡単な手作り本だが、この名古屋中村区の生活の関心事がよくわかる。
Photo
当時の日記というものが、今に伝えるリアル感であり、庄内川の氾濫、火付け強盗から嫁とりなど、貴重な生活の姿が垣間見られる。

川の傍に住居を構えるということは、昔から治水に難儀するということだと思うが、幸いにして被害もなく台風は去っていったので、やれやれである。

・・・と、こんなふうなブログ(日記)を書くことが、認知症の予防になるとテレビの番組が伝えていた。
「日記」「散歩」「趣味」という3つが効果ありだとか、でもって「わくわく、もくもく行動」が大切だと。

認知症には少し早い年齢だが、将来的には5人に一人が認知症を発症すると聞くと、他人事ではない。

日記も散歩も趣味もクリアしてる。「わくわくする」ことはさすがに減ってはいるが「もくもくする」という単純繰り返し行動は、面倒くかさがらない性質なので、このまま順調に行けば、死ぬ一日前まで、それなりの人生が歩めるか?

・・・人の人生も自然とおなじで、いつどこでどうなるかは、神のみぞ知るってことだが。

|

« 肉筆詩集 | トップページ | 今年も、また・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「日記」「散歩」「趣味」ですかぁ・・・来年2月の退職に向けて、少し考えよう。ヘタすると「引きこもり」になりそうな予感。毎週テニスコートに行っていたのが大きかったけれど、会社コートがいつまであるか分からないからなぁ・・・

投稿: マミケン | 2016.09.23 09:42

退職すると劇的に変化するのが人間関係ですね。毎日好むと好まざると「人と話す」、そういうのが少なくなって、自分で一日の暮らし方を意識しています。
人生というレールを自分で敷いて、新しい人間関係も作って・・・在職時から考えておく課題だと。
僕は一人でもできる自転車散歩がけっこう良い按配になっています。

投稿: ちょっと一休み | 2016.09.23 23:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 肉筆詩集 | トップページ | 今年も、また・・・ »