« 気分や感情とか・・・ | トップページ | ポケモンGO »

2016.07.21

ミニ砂場を作ってみた

7月21日(木) 日記

Img_2279

学校も夏休みになり、通学児童の姿もみかけなくなった。
子どもの声が喧しいという人もいるが、ひと気のない学校も淋しいものだ。

もうすぐ2歳になる孫のお気に入りの遊びが「砂遊び」で、炎天下の公園も暑かろうと思い、デッキで遊べるように「ミニ砂場」を作ってみた。

ただの小さな木製トレイ。年齢からしたら小さくても十分で、砂をスコップで集めるぐらいだから。
そんな単純なことでも子どもは自分の手で行うのが楽しいのだろう。

ミニ砂場。昨年、18歳と8か月で亡くなった愛犬のベッドで使っていた廃材を再利用してカラー塗装し、おまけで「アンパンマン」の絵を描いてみた。
もっとも、ここに川砂を入れるので、すぐに見えなくなるだろう。

愛犬は孫が生まれて半年くらいで亡くなったので、記憶には残らないが「廃材」を通して繋がっているといえる。
孫が生まれて数か月の頃、何を思ったのか抱いてる孫の肌着を噛んで引っ張ったことがあった。妹分だと思ったのか嫉妬心だったのか、あの愛犬も生きていれば、今月で20歳になっている。

しかし、こういう物を作っていると、亡くなった義父がやっぱり廃材などを使って孫のために犬小屋を作ったのを思い出す。
作業はとにかく丁寧で、何十本もネジ釘を打ち込んで、おそろしく頑丈で台風にも地震にも負けないほどの犬小屋であった。

そういう昔堅気の日曜大工というのは、端材や廃材など使えるものは使い、見た目よりも頑丈であることが第一の特徴で、そういう気質は自分の父親も同じだったように思う。

時代は移り変わり、親と同じ孫のいる歳になって、ホームセンターに行けば簡単に手に入るトレイを、わざわざ廃材再利用して作っている自分が、亡くなった親たちと同じことをしてるようで可笑しく思えてしまうのだ。

|

« 気分や感情とか・・・ | トップページ | ポケモンGO »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

なるほど、一休さんの「凝り性」は父上ゆずりだったわけですね。

投稿: マミケン | 2016.07.22 09:16

手作りの遊び場、いいですねえ。器用ですねぇ。うらやましい。

投稿: 杉山 | 2016.07.23 20:44

間宮さんこんばんは。
親子は似るものですね。良いところも悪いところも(笑)
子どもの頃、亡き父親が大工でもないのに家を素人増築しました。今思うと凄いことだと・・・昔の人は「自力」でなんでもやってたように思います。

投稿: ちょっと一休み | 2016.07.24 23:27

杉山さんこんばんは。
趣味の工作遊びです。休みをとってお出かけとか・・・
キャンプですかぁ?語学勉強を兼ねた外国ですかぁ?
充実した日々ですね、その方が羨ましい(笑)

投稿: ちょっと一休み | 2016.07.24 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 気分や感情とか・・・ | トップページ | ポケモンGO »