« ミニ砂場を作ってみた | トップページ | せみの声 »

2016.07.25

ポケモンGO

7月24日(日) 漫画について

日本でも「ポケモンGO」が公開されて、スマホを持ってる自分は、ではとインストールしてみた。
インストールしてみたが、使い方もわからないし、さほど興味もないので、流行とは「どんなもんじゃろなぁ~」というだけで完了。

自転車乗りながらポケモンGOで衝突、歩きポケモンGOで事故。こうした事故が激増しそうな様子を見ていると、罪深きゲームかな?などと思う。

つまり言ってしまえばGPSの位置情報をどんなアルゴリズムか知らないが、カメラ機能にミックスさせたものだろうか。言い換えれば、GPSの特定位置探しゲームみたいなものか?
そう言ってしまうとポケモンGOファンにはお叱りをうけそうだが・・・

ゲーム好きにはたまらないのだろう。しかし総じて「ゲーム」がなぜこうも流行るのかがよくわからない。

某大臣がポケモンGOの感想を聞かれ「精神科医が対処できなかったオタク、自宅引きこもりが全部外に出てポケモンをするようになった」「精神科医より漫画の方がよほど効果が出るのが一番大きい・・」と。
オタク、自宅ひきこもりは治療対象者?外に出てポケモンすると効果がある?と、ゲームに強い興味を持たない自分でも、ちょっと耳を疑う。

漫画の効果とは?
映画「男はつらいよ」で、久しぶりに柴又帝釈天に帰ってきた寅さん。境内で遊んでばかりいる子に向かって母親が「いつまでも漫画ばかり読んで遊んでいると、寅さんみたいになっちゃうよ」というシーンがあった。実は記憶違いで「漫画」とは言ってない「遊んでばかりいると」と言うことだった。

「漫画ばかり読んで勉強もせずに・・・」というのは、親の叱り言葉だった。
漫画は勉強に対置されるものであったが、月刊漫画雑誌などは息抜きには面白く読んだ少年時代だった。

息抜きであったから、別のものに興味が移ると、自然に漫画への興味は薄れ、電車の中でいい大人が「少年ジャンプ」などを夢中で読んでる姿には違和感を覚えたものだ。

先の某大臣の愛読書が週刊漫画雑誌だと、何かに書かれていたが、それを聞いたとき、ふたたび「いい大人が漫画ですかぁ」と・・・。

今は漫画も文化として云々される時代になった。別にそれをとやかくは言うまいと思う。いろんなキャラクターが世界狭しと活躍する時代になって、ポケモンもその一つには違いない。

でも、なぜそうしたものが社会現象といわれるほど流行するのか?まさか精神科医に勝るほどの効果があるはずもない、多様な文化ジャンルのうちの一つでしかない漫画やキャラクターが、日本を代表する文化だとは到底思われない。

「遊んでばかりいると(漫画ばかり読んでると)寅さんみたいになっちゃうよ」という、原初的な観念が払しょくされない自分としては「寅さんみたいに」なるならいいじゃない!と思いつつ、寅さんのような大人にならない漫画も多々あるのだろうと思う。

古い時代の古い漫画の概念が亡霊のようにときどき脳裏に浮かぶポケモンGOなのである。

|

« ミニ砂場を作ってみた | トップページ | せみの声 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ポケモンGOですか、「新し物好き」と言うか会社内「広告業界」としては「知っていないとまずい」てな雰囲気ですね。僕は世代的にポケモンのキャラクターは全然知りませんけれど・・・ただ、最近の日本人は「飽きやすい」から1か月もすると廃れるのでは??と予想してますが・・・何か「強烈なお笑い1発芸」みたいな雰囲気だなぁ・・・僕の中では・・・

投稿: マミケン | 2016.07.28 11:27

公園で遊ぶ小学生や部活をする中学生などはポケモンGOなど無縁なのでしょうか。
大人のゲームなんでしょうね。なぜにそれほど夢中になれるのか、さっぱりわかりません。
「思考力を奪う民衆支配の方法だよ!」ってな声が聞こえてきそうです。(笑)

投稿: ちょっと一休み | 2016.07.28 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ミニ砂場を作ってみた | トップページ | せみの声 »