« ポケモンGO | トップページ | 暑中見舞い »

2016.07.27

せみの声

7月27日(水) せみと子ども
曇り空に日差しが戻った午後、ぶらり自転車で近くの公園に出かけた。
用水脇の桜の街路樹で子どもがしきりに手を伸ばしていた。ミミミミとせみの鳴き声もするので「セミ取り」をしている様子だった。
夏休みだなぁ~と今更思うが、せみの初鳴きからずいぶん日も経ってる。
やはり緑の多い神社や公園や用水脇などでせみは羽化するので、抜け殻も多く見つかる。
公園の樹のしたに突然、せみが落ちて、羽をばたつかせながらジジジと鳴いていた。
それを見つけた子どもが「ラッキー」と一声あげて素手で捕まえた。
せみの命は短い。最後の最後に、この子の手の中で一生を終えようと思ったのか。
夏のせみの鳴き声もひどく喧しいほどの生命力を感じる日もあれば、なんとなくもの悲しい鳴き声に聞こえる日もあるものだ。

|

« ポケモンGO | トップページ | 暑中見舞い »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ポケモンGO | トップページ | 暑中見舞い »