« 坂道 | トップページ | 「吉原花魁日記」 »

2016.06.05

旧街道のまつり

6月5日(日)尾張西枇杷島まつり(2016年)

P1140606
今年も隣町、西枇杷島のまつりに妻と出かけた。
毎年のことであるが、この地域の夏一番のまつりで、人出も多い。

人出だけなら中村区の太閤祭のほうが多いが、狭い旧美濃路街道の両脇に露店も出、花火も打ち上げられるから、まつり情緒はたっぷり楽しめる。
山車の引き回しと露店と花火。子ども時代に戻ったような気もする。

写真などを撮ってると「あれぇ、去年も撮ったでしょう?」と横やりが入るが、去年は去年、一昨年は一昨年、今年は今年なのである。

もっとも、今年は花火の打ち上げに合わせるように小雨が降りはじめ、傘も用意してなくて写真どころではない。
P1140625_2
おまけにフラッシュも間に合わず手振れもおこし、雨に打たれては風邪もひくとばかりに、腕をつかまれ帰路を急がされる。
もうちょっと花火の写真も・・・、山車の引き回し光景も・・・

商工会議所青年団と書かれたテントで串カツを買う、ここが美味い。オムソバ、たこ焼きも買うが、肉も入っとらんねぇ~、たこ焼きも、焼きが甘いねぇ~、散々批評をしながら、まあ、屋台のものはこんなもの、と。

若者が多い。「祭り」というのは若者のコミュニケーションの場でもあるのだろう。
白髪まじりの夫婦で、こういう祭りに出かけるのも、なんだか可笑しくおもえてくる。
毎年のことである。こうして一年々々が過ぎて、あとから、あの時は雨に打たれたなぁ~と思い出すのだろう。(ビンボケ写真が多いのも今年だなぁ)

Photo

|

« 坂道 | トップページ | 「吉原花魁日記」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんな時期に祭りがあるんですねぇ・・・身近な祭りのイメージがありますねぇ・・・

投稿: マミケン | 2016.06.06 14:29

写真では余裕がありますが狭い道に人があふれます。ところどころでは東西に向かう客が押し合いにもなります。
今年から時間制限で一方通行の規制となりました。都心の洗練された祭りとは異なる、昔の風情が楽しめる祭りです。

投稿: ちょっと一休み | 2016.06.06 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 坂道 | トップページ | 「吉原花魁日記」 »