« 3.11に思う | トップページ | 毎年のことだけど・・・ »

2016.03.14

晩年

3月14日(月) 愛犬ポンちゃん一周忌

20140309_112604_2

今日は18歳と8か月を生きた愛犬ポンちゃんの一周忌。

昔の写真をいろいろ見ていたが晩年の頃の表情がとてもいい。
幼くて若い頃は尻尾もピンと立って柴犬らしい写真がたくさんあるが、この晩年の玄関前でぼんやりと寝そべる写真が、僕はとても可愛いと思う。

人も犬も年老いてからの日々が幸せであることが一番なのである。
「下流老人」というか「下流老犬」の不安などどこにもなく、日がなごろりと寝転んで、老いを満喫しているように思える。
どんな晩年を過ごすのかが人も犬も大切なのだ。

近所の大型犬と小型犬の散歩に出会う。
まだポンちゃんの元気な頃は友達犬、というか飼い犬を通じて知り合う近所付き合いだった。

「どう?また犬を飼いたくなった?寂しいでしょ?」と聞かれるが・・・
義祖母宅に「癒し犬」よろしく毎日出勤してたが、高齢で毎日の散歩の世話も大変になり、晩年は自宅でのんびり暮らしていたポンちゃんである。

その晩年の世話は、退職後の自分の仕事みたいなものだったので、飼犬の可愛さと世話の大変さは不可分のものだった。

飼われるペットが、犬よりも猫が増えているという。
その犬も室内でも飼いやすい小型犬の散歩姿が目につくようになった。
当世ペット事情なのだろう、猫好きが増えているとも思えない。猫のほうが世話の手間が少ないからだと勝手に思っているが・・・

一年が過ぎて、長生きした、あのポンちゃんが最後の飼い犬であってもいいと思うのは、自分の歳とペットの生きる歳を考慮してのこと。
晩年をのんびりとした暮らしにさせてやれるか自信がないからなのである。
しかし懐かしく想いだされるポンちゃん写真一枚だ。

|

« 3.11に思う | トップページ | 毎年のことだけど・・・ »

ペットの話・愛犬ポン」カテゴリの記事

コメント

「愛されたポン太ちゃん」は幸せでしたねぇ・・

近頃、「その人の人柄」は飼っている犬を見れば分かります。猫は「分からない」けれど・・・

投稿: マミケン | 2016.03.15 09:03

えっ、あと一匹は飼えますよ。我が家も18年生きた犬を見送って、これが最後と柴ちゃん飼ってます。ワンちゃんもヘルパーさんいますし・・・。やはり猫より犬です。

投稿: 杉山 | 2016.03.16 20:13

こんばんは。

もう一年になるんですね。

今夜、テレビで猫ブームがきてるって言ってました。
やっぱり散歩に連れて行かなくていいのが大きな理由のようですね。
お義母さんも大の猫好きだから飼ってあげたら喜ぶだろうとは思うのですが・・・。

投稿: tami | 2016.03.16 21:14

間宮さんこんばんは。
咬まないむだ吠えしない、おとなしい犬でしたね。
犬も飼い主の環境に左右されるから、叱られてばかりだとおどおどしたり反抗したり、時には飼い主さえ咬んだり・・・
ほんと、犬は飼い主の鏡ですね。

投稿: ちょっと一休み | 2016.03.17 00:51

杉山さんこんばんは。
高齢犬の介護施設がある話は聞きますね。
でもそこまでして・・・、世話ができなくて仕方なくなのでしょうが、やはり最後まで自分の手でと思うと、ポンちゃんのように愛情を注いで最期まで世話できるかちょと不安なんですよ。

投稿: ちょっと一休み | 2016.03.17 00:56

tamiさんこんばんは。
散歩に連れて行くの大変です毎日々々だから。しかし、はなはだ犬迷惑なペット事情ですね(笑)
僕は犬も好きですが、実は猫も好きなのです。犬も猫も表情を見ると、なぜかどんな気質かよくわかってしまう。
ペットとの暮らしはお義母さんも生き甲斐に通じるでしょうね、ここは清水の舞台から飛び降りたつもりで・・・可愛いと思いますよ。

投稿: ちょっと一休み | 2016.03.17 01:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3.11に思う | トップページ | 毎年のことだけど・・・ »