« 普通のことだけど・・・ | トップページ | ウマが合う日 »

2016.02.17

家庭内電波事情

2月17日(水)Wi-Fiルーターは消耗品?

001wifi

携帯の契約容量を2ギガに減らした。
これでも多いくらい、動画など容量を必要とする使い方をしてないので、普段でも1ギガを下まわるほどだ。携帯料金がかかるのは痛いけど、外出先での調べものには重宝する。

室内ではインターネット契約のWi-Fiルーターで携帯もタブレットもデジカメも電波を飛ばしているのが家庭内電波事情というわけだ。

この10年ほどでWi-Fiルーターは3台目になる。以前ルーターを購入するさいに「ルーターは消耗品ですから」と言われ、まさか車のタイヤじゃあるまいし、なぜ消耗品なのか?と途惑ったものだが。

今回新しいWi-Fiルーターに取り換えたのは、PC以外の端末の電波受信が途切れたり、繋がらなくなったりと、「不穏な電波」状態におちいったからだ。
ルーターが消耗してきたから?そんなことはない・・・はずだ。
光回線を変更した、携帯を買い替えた、使う端末も増えた。それ以外にもいろいろ思い当たる電波事情の変更点はある。

つまり、Wi-Fi電波の使用環境が以前のルーター環境と変わったのが大きな原因だと思われる。
ここにWi-Fiルーターの消耗品の所以がある。
「ルーター君、君は悪くありません!」数年もして端末やらPC環境やら、そうしたものを買い替える電波環境が変わり、ルーターもちょっと耐えがたくなったというだけの話。

マニアックな世界だとつくづく思うけれど、こうしたことに慣れないと「パソコン遊び」の世界はやってられない。
とはいうのも、設定が意外とめんどうなのだ。
マニュアルはあるけれど、マニュアルというものは一般論、最大公約数の環境説明なので、個別には詳しく対応していない。

仕事のマニュアルも同じだけど、一般論では片付かないことも多々あって、その片付かない「例外」にいかに対応するのか!に真価が問われるものだ。

話しはそれたが、それたついでに、世の中のあらゆるものが複雑化して、その複雑なものに対応することが、年々歳々難しくなってきた。
人間関係もしかり、親子、夫婦、親せき・・・
もとをたどれば複雑ではないはずが、複雑化を進歩と勘違いしたり、複雑にする洪水のような情報の氾濫もある。

そうした複雑な暮らしから、シンプルな暮らしを行おうと思うと、複雑なものを考えなきゃならないという逆説的な事態になってしまう。
「関わらない!」というのも一つの選択肢ではある。
ひょっとしたら「関わらない」というのが、もっともシンプルな生き方のようにも思われるが、一人仙人のように暮らすならばいいが、現実社会はままならない。

・・・ずいぶんと話がそれたが、まあ、そんな家庭内電波事情も、あと何年かすれば意味不明な「宇宙語」にしか思えない時代に、歳に、なるのかも知れない。
その時は、思い切って「電波事情」とは関わらないアナログな世界で、「すみません、どういう意味かよく解らないので教えてください」と教えてもらおうと思う。

何ごとも謙虚に教えを乞うことが年寄りの生きる処世訓なのだと思うので、「近頃の若い奴らときたら、訳の分からない機器の流行ばかり追っかけて」などと、頭の固い思考だけはしないでおこうと思うのだなぁ~。
虎穴に入らずんば虎子を得ずって言うし・・・。

« 普通のことだけど・・・ | トップページ | ウマが合う日 »

コメント

NHKニュースでレコードとカセットテープが若者に見直されているのだそうな・・・「音がやわらかい」と・・・僕は自動車にカセットで音楽聞いていたけど、それって「最先端」だったのか?増長しちゃうなぁ・・・・ははは。

世の中誰も「複雑な方がいい」なんて思っていないのです。

デジタルの曲がもっぱらの音楽です。
携帯から聞いたりしているのですが、音質の何がどう違うのか、ほとんど解りません。
だからまあ、この程度の自分には、この程度の音質で十分で、手軽に音楽が聴けると、ありがたがっているのです(笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 普通のことだけど・・・ | トップページ | ウマが合う日 »