« 家庭内電波事情 | トップページ | いよいよプロ野球オープン戦ですねぇ~ »

2016.02.18

ウマが合う日

2月18日(木) 合うか、合わないか・・・?

今日は2時間ほど友人と昼食をとりながら話をした。
人生、何十年と生きていても、ウマが合う、合わないということがある。

ウマが合う、息が合う、気が合う・・・。
「合う」ことよりも、「合わない」ことの方がはるかに多いのは、人それぞれが生きてきた生活の環境が違うからしかたがない。

「ウマが合う」というのは、乗馬で騎手と馬が一体感を持つところから来ているようだ。
もっとも、ウマが合わなくても、それなりに乗りこなすのが大人というものだけど。

解ったようで、解らないのが、この「合う」という気持ち。
たしかに「合う」という感覚が持てる人と持てない人がいるのも現実だ。

趣味、価値観、成育歴、生活環境・・・そういったものが同じならば「ウマが合う」かというとそうでもない。
話しが弾んだからと言っても、ちょっと違うと思うこともあれば、「う~む、困ったお人だ」と思っても、妙に「ウマが合う」人もいる。

別に脳学者でも心理学者でもないから、分析してみようとも思わないが、お互いの思いや気持ちについて、どこかで納得できる・・・理解や共感し合おうという、前提みたいなものが成立しているのかどうかが分水嶺のように思う。

だから、どんなに素晴らしい知識を持ち造詣が深くても、「ウマが合わない」のであれば、やはり相互の距離は縮まらないのである。一方通行どうしである。

そこで、思ったのは、100人の知り合いよりも、1人2人の「ウマが合う」友人が、生きて行く上ではとても大切なものだと。
今日は短い時間の「お喋り」だったが、とても「ウマが合う」という一日だった。
感謝するなぁ~。

|

« 家庭内電波事情 | トップページ | いよいよプロ野球オープン戦ですねぇ~ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「友人の数を誇る」人がいるが、僕は違うんじゃないか?と思う。「100人友達がいる人」は「ひとりしか友達がいない人」に「勝っている」わけではないのです。

僕は「人脈」なんて言葉が大嫌いだけれど、何か人間を「損得勘定」でしか見ていない気がして・・・

「誰かがいてくれる」そう思えるだけで、「人は生きていける」んじゃないかなぁ・・・

投稿: マミケン | 2016.02.19 15:15

「人脈」のさいたるものは学閥、派閥、財閥・・利害関係が脈の中身でしょうね。
もっとも人は大昔から「群れる」のが身上で、そうしなければ生きて行けなかった、というものは現代にも脈々と繋がっていると思います。
1人と100人はものの例えですが、どちらにしても、その繋がり方、関わり方が問われるのでしょうね。
私は彼を友人だ!と思ってても、案外、彼は友人とは思っていない・・・という齟齬はありそうですが(笑)
自転車仲間が十数人いますが、これは「自転車脈」なんでしょうね(笑)
友だちの友だちはみな友だち、という「人脈」なんですが・・・ははは、昔からある永遠のテーマのような気がしますね。

投稿: ちょっと一休み | 2016.02.19 20:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 家庭内電波事情 | トップページ | いよいよプロ野球オープン戦ですねぇ~ »