« 南向きの部屋の暖かさを知る | トップページ | 今年の本はここから »

2016.01.11

新年会

1月11日(月)成人の日

004
【見上げれば、青空と冬桜 (庄内緑地公園にて)】

成人の日、晴れ着姿の新成人を見た。普段はもちろん正月ですら見かけない着物姿、慣れない足運びが初々しい。

昨日は兄弟の新年会だった。
男ばかりの四人兄弟で、夫婦や子や孫や親族ら十数人が集った。
親はもういないから兄弟会のようなもので、名古屋から車を走らせ久しぶりの瀬戸へと入ると、地方都市らしい雰囲気になる。

10代の頃まで過ごした町。
一人離れた名古屋住まいの自分は、なんだか懐かしい風景に思われるが、他の兄弟はこの町で暮らしているから、そんな感慨はないのだと思うが・・・
髪が白くなり皴も増えて行く兄弟である。

血縁という繋がりはある種特別な感情をもたらすが、幼い日から一緒に育ち、何十年も途切れない人間関係が、時間や歳月を経て「肉親」という名に結実する。
兄弟は多い方がよいものである。
この先、ますます歳を重ねると、そのありがたさを実感するのだと思う。
歳をとったものだ!

|

« 南向きの部屋の暖かさを知る | トップページ | 今年の本はここから »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

オヤジさんの相続関係で実家に3姉兄弟が集まる。昨年から遺産課税レベルが下がり「一般庶民」も課税されるのだ。それを税理士に頼むと60万円くらいになるそうな。建築関係書類を作っている兄が「凝り性」なおかげで、友人税理士が「普通の人では面倒だぜぇ・・・」と言われる仕事をいろいろな税務署で聞いたりして「一人で」書類作成してしまった。僕と姉はハンコ押すくらいである。すいませんねぇ・・

「介護」の時も思ったが、「歳重ねると」「兄弟が多いと助かる」と実感しま~~~す。

投稿: マミケン | 2016.01.12 09:46

兄弟も長い道のりを歩んでいると、それぞれの個性も違ってきて面白いものだと・・・そういうふうに見られるようになったのも、この歳のせいかと。
自分は末の子なので、考えればずいぶん兄たちには世話になったもので、そういう意味では親は出来の悪かった自分を一番心配して、兄たちの面倒見の良さにほっとしていたのだろうと。そういう子は兄弟でも一人くらいはいるものだけど・・・

投稿: ちょっと一休み | 2016.01.12 23:59

「兄弟」も「親がくれた宝物」なんではないかと・・・もっとも人によっては「大荷物」にもなる可能性はありまするが・・・・

投稿: マミケン | 2016.01.13 09:00

ははは、兄弟仲が良いのが一番ですね。
一人どうしようもない息子がいて、親の年金を使い、兄姉弟妹の勤め先にも乗り込んで金の無心をし、一家離散、夜逃げ同然で逃げ惑う・・・という相談をうけたことがあります。いやぁ~新年早々にちょっと暗い話ですが。

投稿: ちょっと一休み | 2016.01.15 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南向きの部屋の暖かさを知る | トップページ | 今年の本はここから »