« 灯台 | トップページ | 破れ、ほころび、白い月 »

2016.01.17

灯油売り

1月17日(日) 18リットルで・・・

♪窓の外では灯油売り
 声をからして灯油売り
 きっと小売は困っているんじゃないかな~(井上陽水「氷の世界」ふうに)

♪雪やこんこ あられやこんこ え~灯油一缶990円 990円

灯油売りの車が家の前を通った。990円と1000円を切っているが、昨年は1500円前後の値段だった。

冬の暖房はもっぱら灯油温風ヒーターに頼っている。
部屋の空気が汚れるからとエアコンのほうが一般的かも知れないが、我が家では灯油である。
もっとも災害で電気が来なければアウトで、屋根裏に非常用石油ストーブが保管されてる。

灯油は最も安価な冬の暖といえるが、「こうも安くなって儲けはどうです?」と聞いたら、ちょっと顎をあげて「アップアップですよ」と。

原油価格が下がりガソリンや灯油の小売値も下がると庶民はまことに嬉しい?
グローバル経済かなにか知らんが、巨万の富を稼ぐ人々の都合で上がったり下がったり。

市井の人々は翻弄されているばかりである。
だから安ければ良いというのも考えもので、関税が撤廃されて安い牛肉や農産物が輸入されれば、庶民の台所事情もちょっと潤うかといえば、国内農業は悲鳴を上げて食料自給率はますます下がる。
いずれツケは庶民にまわってくる。

理想的な生産と消費はバランスがとれたもの、社会構成体の全ての人が豊かになること。
グローバル経済が国や地域の格差を生み出し、富める資本はますます富んで、翻弄される庶民はいつも右往左往する。

なんだかおかしな21世紀。

|

« 灯台 | トップページ | 破れ、ほころび、白い月 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「グローバル経済」なんて「大資本による世界征服」なんじゃないの。一見「フェア」のようでいて、「大きい所しか儲からないシステム」なんではないか?「グローバル経済」って「日本人の従業員給料」を「日本でも発展途上国並み」にしたくらいしかやってないのではないだろうか?

投稿: マミケン | 2016.01.18 16:55

株を持っていない自分は株価が上がろうが下がろうが生活には影響しません。
株価が上がって喜ぶのは富裕層かおこぼれ頂戴小市民。
「資本主義社会」と言われるが、その資本は限りなく再生産の競争を強いられて人間を資本に従属させる・・・と、若い頃に我流で学んだけれど、そういう経済学も今は大学にもなくなりました。
一億総貧困世帯になっても、資本とそれを守ろうとする権力者の暴走は止まらないのが資本主義社会だと。

投稿: ちょっと一休み | 2016.01.19 00:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 灯台 | トップページ | 破れ、ほころび、白い月 »