« 秋思 | トップページ | 限りなく100%に近い安全だが・・・ »

2015.10.17

花と少女と自転車と

10月17日(土) ふたたび秋桜(コスモス)風景

保険の外交員さんから「少し顔がふっくらしました?」という言葉に反応して、できるかぎり自転車で外を走るようにしている最近です。

二週間前には咲き始めたばかりの庄内緑地公園のコスモスが、しっかりと咲いていました。
どこにでも咲いているコスモス、秋の花ですね~。

コスモス写真を2枚ほど載せますが、ほんとうは20枚ほど風景を撮っています。
被写体の何に心がどう反応するのか?風景を風景としてカメラに収めても、どこかおもしろみに欠けるのですね。

だから、何に心が動かされるかという、そういうこちら側と被写体との関係性・・・
まあ、そういうことじゃないかと思うのです。

【少女と秋桜】

021

コスモス畑のこちらから花にカメラを向けていたら、反対側にしゃがみ込んでコスモスの接写でしょうか、そういう方が見えました。
こういう時は、なんとなく申し訳ないような、ちょっと照れくさいような気がするものです。
それでも、どことなくメルヘンチックな一枚になりました。(お顔もわからない写りです)

写真を撮る時には、いつも「題」を連想しています。で、ここは「少女と秋桜」だと浮かんだのですが、はたして少女なのか大人の方なのかはわかりません。
なんとなく、いろんな物語になりそうな一枚でした。

【自転車を飾る秋桜】

015

自転車を停め、首からぶら下げたカメラを向けたら、自転車がコスモスの邪魔をした。
いいえ、たかが自転車されど自転車、飾りっ気のない自転車もコスモスに飾られて、なんとなく華やかな雰囲気にみえます。

風景写真もいろいろ「遊び心」で撮っていると、自分では楽しく思えてくるものです。
そのままカシャリ!とやっても、目の前の少し風に揺られたコスモスの「本物」には、敵うわけがないのですね。

|

« 秋思 | トップページ | 限りなく100%に近い安全だが・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「自転車と花」の方が面白いかも・・・「他に誰もやらない絵」なもんで・・・極めたら面白くなりますよ、きっと。

投稿: マミケン | 2015.10.21 17:27

自転車好きの方のスナップ写真には必ずと言ってよいほど自分の自転車を入れてますね。
自転車を自慢したい方もいるけれど、多くは自転車をまるで「我が家の家族」のような擬人化です。
モノへの拘りも愛着心があふれてると楽しく見えるものですね。

投稿: ちょっと一休み | 2015.10.22 23:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋思 | トップページ | 限りなく100%に近い安全だが・・・ »