« ぶらっと大須 | トップページ | 暇つぶし »

2015.10.29

世間をシャットアウトするのもいいかも

10月29日(木) 疲れたときは・・・

テレビもない、新聞もとっていないという友人と話をしたが、ニュースや情報はもっぱらネットからの収集ていどのようです。

現代版の浦島太郎のようにみえるけれど、とくに困ったこともなさそうだし、今という時代からかけ離れている様子もありません。

もっともNHKの連続テレビ小説「あさが来た」や「こころ旅」の話題は共通しないので、そこはちょっと物足りない、というのは私の勝手な言い分であって、世の中の流れの特徴や現状はしっかり把握しているから、どうもテレビや新聞やネットだけの情報に頼った暮らしぶりでないことは、たいしたものだ!と感心もします。

「情報」というのは、どちらかと言えば痛たましく陰鬱な気分にさせられるものが多く、日々そうした事象ばかりに触れていると、世の中の全てが黒く塗りつぶされがちになります。

気分が下降線をたどるには、もう申し分がないことばかりで、流れ伝わってくる事柄をいちいち受けとめていたら、精神疾患の病になってもおかしくないものです。

自然体で生きることが上手なひとは、よほどの鈍感力の持ち主か、余ほどの楽天的人生観の持ち主で、尊敬に値する人物なのかも知れません。

それほど人も社会も病んでいるなかでは、鬱的なこころに苛まれるということの方が「普通」であり、ある意味「素直さ」のあらわれなのでしょう。

余計なものに過剰反応するのを断ち切るには、テレビもない新聞もないネットもない、けれども世の動きには精通しているというのがいいのだけど、そうも上手くゆきません。
せめて、いろいろあるなかで、何を選択するのか何を取り出すのかということが、この暗~い時代を健全に生きる方策かなぁ~とも思うのです。

|

« ぶらっと大須 | トップページ | 暇つぶし »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

10年以上前ですが、テレビが壊れて見れない2週間がありました。「見なければ見ないで全然困らない2週間」でした。つまりはテレビなんか「人間生活」に必要なかったのです。

投稿: マミケン | 2015.10.30 13:15

テレビは見たいものだけ見ます、朝の2~3の番組だけが自分のテレビライフってわけです。
それでもテレビの情報拡散は凄い、新聞や雑誌の活字メディアを凌駕しているような気がします。ので、情報操作ってのをやろうとしたら、まずテレビからだと思われます。
テレビも選んで見ないと、たんたる暇つぶしの文化ってところでしょうか。

投稿: ちょっと一休み | 2015.11.01 21:48

お久しぶりです。ドラマ「北の国から」の黒岩さんの「新聞もテレビもないけど大事なことはちゃんと入ってくる」っていうセリフが忘れられない。何が大事なことなのかを判断する力が大切なんですよね。

投稿: 杉山 | 2015.11.08 11:18

お久しぶりです、お元気ですか~♪
そうそう、何が大事なことか!生物のなかで同族に嘘をつくのは人間ぐらいですからね。真偽ってのは自分でよく考えないと簡単に騙されてしまいますね。
氾濫するマスコミの情報も同じですね。僕は人権感覚ってのを基準にしてるような気がしています。

投稿: ちょっと一休み | 2015.11.09 00:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ぶらっと大須 | トップページ | 暇つぶし »