« 昆虫たちのおしゃべり | トップページ | 今年も尾張西枇杷島まつりに行ってきた(2015年) »

2015.06.02

根深い・・・

6月2日(火) 久しぶりのフル出勤(ボランティア)だった

002
【ちょっと掘ったが、地中深くに根をおろしている】

退職や長期の休暇などで一日働く環境から遠ざかると、ちょっと気張らないと元のリズムに戻すのは大変だ~と思う。
ましてや退職後となると、気持ちも体力もぐっと気張らないともたない。
が、過って働いていた頃を思いだし、疲れるけれど気分は悪くない。

こういう場合、働く感覚が「根深く残ってる」という言い回しはあまり使わない、対立感情が根深いとか、気持ちや欲望に根深さがある・・・と、否定的なものの言い回しが普通で、根が深いというのは、容易に取り除けないということ。

玄関先の幅45センチほどの花壇に植えた樹木が延びて、いよいよブロックを傾けさせるほど成長したので、思い切って伐採した。
10年ほどで細い木も10倍ほどの太さになって、日々目に見えぬほどの成長が歳月をかけて、変貌するということだ。

さて、その伐採した樹木を取り除こうと土を掘り起こしたら、縦横無数に根を張ってびくともしない。
「根深い」のである。見えないところで10年間、地中に深く根をおろしている。

土にふれたり掘り起こしたりする機会も少ないので、この根をおろした光景にふだん何気なく使っている言葉、「根深いものがある」という意味をあらためて知る。
土を堀だし地中におりた根を取り除くのには幾月かかかりそうだ。

何もない原野を開墾し農地を開拓した昔、人力で耕すのはほんとうに苦労したに違いなく、そうして開かれた土地は何物にも代えがたい喜びだったのだろうと想像できる。

さて、明日も早起きして出かけなければ。
労働というのは本来は楽しいはずなのだが・・・

|

« 昆虫たちのおしゃべり | トップページ | 今年も尾張西枇杷島まつりに行ってきた(2015年) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 昆虫たちのおしゃべり | トップページ | 今年も尾張西枇杷島まつりに行ってきた(2015年) »