« ふたたび、アンソロジー | トップページ | 根深い・・・ »

2015.05.31

昆虫たちのおしゃべり

5月31日(日) 田んぼの蛙が鳴きだした

0012

 もしもし、コガネムシさん、コガネムシさん
黄金虫 なんだね、おやおや小さいアリさんじゃないか
 ここは、おいらの餌場なんだから、荒らしてもらっては困るんだ。
   お金持ちのコガネムシさんだから、金蔵建てて、いっぱい食べ物あるでしょう
黄金虫 アリさんたちは働き者だね~、地道にコツコツ働いて、そのうちローンで家も建てられるんでしょ?
 いえいえ、アリの社会もワーキングプアですよ。コガネムシさんとの格差も広がるばかりですよ。もしもし、お願いだから餌場を荒らさないでくれます。
黄金虫 あれあれ、なにか勘違いしてないかい。ほら、背中に斑点があるだろ、コガネムシじゃなくて、ワシの名はハナムグリ。
 でも、おなじお金持ちの仲間でしょ。
黄金虫(ハナムグリ) とんでもない。よく似てるけれど、ワシらやカナブンなどはコガネムシのように、歌にも唄われん。金蔵もなけりゃ蔵もない。
 ふ~ん。コガネムシさんに少しわけてもらったら?
黄金虫(ハナムグリ) とんでもない。コガネムシときたらトリクルダウンとか言って、その実、自分たちだけ儲けているんだから、滴り落ちても来ない。
蟻 ふ~ん、そうなんだ、どこも貧富の差がひろがってるのだ。

などという会話がされたか知らないが、お義母さん宅の庭の隅の花に、アリとハナムグリがいた。

都会では昆虫を見る機会も減ってきたと思っていたが、たしかに土がアスファルトに変り、草むらも無くなって・・・だけども、ひょっとしたら、人間の暮らしのほうが、昆虫たちの生態を見る余裕が無くなってきたということかも。

近所の田んぼに庄内川から用水が引かれ、田起しされた都市農業の田んぼに水が張られた。
その水を待っていたように、蛙が一斉に鳴きはじめた。

「うるさい!」という人もいるが、子どものはしゃぎ声と同じで、それも自然の摂理、人の社会の普通の暮らしのだと思うのだなぁ~。

|

« ふたたび、アンソロジー | トップページ | 根深い・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

近頃、忙しい日が続いて、花や昆虫を見るゆとりをなくしていました。読んでいてほのぼのいたしました。ありがとうございました。

投稿: マミケン | 2015.06.02 10:03

腰の具合はいかがでしょうか?
僕も椎間板ヘルニアというのが持病で、毎年のように腰痛に悩まされていたのですが、自転車通勤をしていた10年ほどは、ほとんど発症しませんでした。自転車の効能だと思っていますが・・(笑)
昆虫の世界はおもしろいですね。「どくとるマンボウ昆虫記」という北杜夫の本が好きでした。

投稿: ちょっと一休み | 2015.06.02 22:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ふたたび、アンソロジー | トップページ | 根深い・・・ »