« 虹の橋 | トップページ | ぽかぽか陽気に誘われて【京都】 »

2015.03.19

記念スナップの整理

3月19日(木) 1997年12月のデジカメ写真

97121015
【画像も荒いし手振れもおこしてるなぁ~、ポン太0歳】

もう今ではフイルム写真で旅の写真や記念写真を残す人も珍しい。

愛犬が残した諸々の遺品を整理していたら、餌、食器、シーツ、ベッド、ペット保温器、リード、オムツ・・・かなりの量になる。
犬でこれだから、人となると相当な量になるので、モノも溜めこむと残された人は処分が大変だと思う。

そこで生きた証とでもいう記念スナップ写真はどうかと調べたら、1997年12月に娘に抱かれたものが、最初の記録として残っていた。
生まれて5か月目、娘が小学生の頃のものだから、実に懐かしというわけだ。

驚いたことに、我が家のデジカメで撮ったスナップ写真の「撮りはじめ」というデジカメを買った頃になるので、調べてはいないが、仔犬の成長とともに、フィルム写真からデジカメに移行した時期になる。

18年も前の時代のデジカメといえば、画素数も少なく手振れ補整機能もない時代で、たかだか100キロバイトほどしかないメモリで残っている。

膨大なデジカメ写真。年度ごとに簡単なタイトルを付してフィルダーに収められているのだが、もう忘れてしまった頃の記録をひもとけば「ぽん太くんの写真集」が出来上がるに違いない。

それにしても18年の歳月をかけて、いやただただ過ぎ去ってしまっただけだけれど、いったい何枚の写真データが残っているのか。
これも、ある意味「ビッグデータ」に違いはないが、なんの意味をもつのかはわからない。

「愛犬」とか「子どもたち」とか「旅の記録」とか、分類すればおもしろそうだけれど、ただ一つ言えるのは、自分はおそらく、その100分の1も写っていないという、カメラマンの宿命なのである。(笑)

|

« 虹の橋 | トップページ | ぽかぽか陽気に誘われて【京都】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そんな「カメラマンの宿命」から逃れようと、僕は宴会などで自分のカメラをみんなに回します。「ひとり1回ずつ、シャッターを押せよ」と・・・。フィルム時代だったら「もったいない」のだが、デジタルだと、けっこう面白い写真が残ります。

あとね「自撮りスタンド」はけっこうおもしろいですよ。先日は「灯台の展望台の上から見た2人」なんて感じの写真も撮れたし・・・・

投稿: マミケン | 2015.03.20 13:23

なるほど!カメラを回して好きな雰囲気を撮れよ、というのも撮る人の個性がでて面白いものかもしれませんね。気がつかなかったなぁ(笑)
サイクリングにはいつもスタンドを持ってくる方がいて、その方が記念写真係(笑)ですので、自分も写っています。
これからは撮り溜めた写真の整理をコツコツしようかと・・・

投稿: ちょっと一休み | 2015.03.21 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 虹の橋 | トップページ | ぽかぽか陽気に誘われて【京都】 »