« 晩年 | トップページ | 確定申告の季節 »

2015.02.17

文書のはなし

2月17日(火) 文章を書くこと

久しぶりにまとまった文書を書くことになって緊張した。
原稿用紙10枚ほど、と言っても今の時代原稿用紙など使う人も皆無で、パソコンでポチポチと仕上げる。

会議の総括文のようなものだから、論旨明晰、文脈の乱れも許されないのが辛い。
数十人の方々が読むわけで、まあ何度も推敲して・・・こういうのはじつに肌に合わない。

気の進まない仕事(?)はノリも悪い、「今日やろう、いやまだ期限は先だ!」と引き伸ばし、引き伸ばし、崖っぷちの最後の日に腹をすえて取り掛かる。

小学生の頃、夏休みの宿題を最後の3日で泣きながら仕上げた、そういう追い込まれなければできない性根はこの歳になっても直らない。

元来は「国語の時間」はもっとも嫌いな科目だった。
やれ書き取りだ、やれ作文だ・・・こういう勉強よりも、世界の童話・民話のお話本を気楽に読むほうが性に合っていた。

ブログの文章はその点、実にお気楽に書き流している。誤字脱字も言い間違えもたくさんあるので、後で気がつけばこっそりと訂正する。
下書きなどするわけもなく、文構成など気の向くままなので、考えながらパソコンに向かっているつもりが、考えが曖昧になる。

もっともそんな自動筆記のような文章でも、箇条書きよりはちょっと人間味があっていいのではと、自分に言い訳している。
自分の意図することをしっかりと文章にするのは難しいと思う。
その意味では会議とか、あるテーマの概括文などは、書きやすい方だが、その分「お役所文書」に近くなり面白味がないのだ。

人の文章というのは、やはりその人の体を表わしているものだと思う。
上手い文(記事)を書くなぁ~と思う方は、やっぱり意気込みや集中力が違う。いい雰囲気の文章(記事)だと思う人は、やはりそういう感じ方をしている。
文章には性格と暮らし方が表われているので、短文投稿サイトなどの短い文章では、ほんとうの姿は見えにくいものだと思う。

作家を目指していた書生が、はたと自分の文章力の無さに気がついて「俺は物書きは捨てた、書くよりも読む方が好きなんだ」と、そういう短編小説のひと幕があった。

誰の小説か忘れたけれど、世の中表現するばかりが全てではなくて、文字や言葉にはしないけれど、じっと読んでじっと考えてしっかり生きてる人も多いと思う。
普通の人というのはそういう人たちがほとんどで、人に紛れて目立ちはしないが、素晴らしい人生を送っているのだと思う。

人生はなんでもありだし、ちょっと緊張することもあり、ちょっと間違えたり、怒られたり・・・
そういうものだと思うのだなぁ~。

|

« 晩年 | トップページ | 確定申告の季節 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

さだまさしの歌「生々流転」で
「あたりまえに生きたい ささやかでいいから~」と言う歌詞が好きです。

投稿: マミケン | 2015.02.18 09:02

あたりまえ、ささやか、清々しい言葉ですね。
非正規雇用が増えて、先行きの不安が大きいと、ささやかな暮らしさえ難しい世の中になってきました。
金儲けなどいらないから、せめて将来に希望が持てる時代になって欲しいです。

投稿: ちょっと一休み | 2015.02.18 23:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 晩年 | トップページ | 確定申告の季節 »