« 珈琲と読書と孫と・・・ | トップページ | それでも生きている »

2015.01.04

お正月の自転車街角散歩

1月4日(日) 負荷ということ

002
【庄内緑地公園の凧揚げ:正月らしい風景である】

年の初めから、めずらしく順調にブログの更新をしている。このまま一年続くのだろうか?
心身ともに健康が維持できれば、コツコツと更新できると思うが、その中身が「意味あるものか」どうか、というのはまた別の問題ってこと。

006
【河川敷のサイクリングコース:市内にも趣のある道があるんだなぁ】

昨年は夏場に体調を崩し、バイオリズムの波形のような自転車散歩だったが、唯一の「進歩」といえば、ちょっと本格的に輪行、列車の旅を経験できたことだった。
まあ、これは一人旅だったが、仲間で行くサイクリングといえば、これは雨、台風、行事日程、体調不良と中止を余儀なくされた年だったので、今年はゆったりと味わえるサイクリングを企画できたらと思っている。

体も心も少し負荷がかかるほどが調度良いと言われる。ストレスというのも同じで、アップアップでものんべんだらりでも、生活リズムとしてはよろしくない。
では「少し負荷がかかるほど」という、この「少し」というのはどれほどを言うのだろうか?
例えばハンドルの遊びぐらいの大勢には影響しない程度?小遣いの一割増程度の余裕・・・
少しだからほんのちょっとということだけど、この「少し」というのを見極めるのが、今年一年の課題だなぁ~と思っている。

015_2
【ナゴヤドーム球場:頑張れ!ドラゴンズである】

さて、正月休みも最後となった日曜日、明日からは仕事始めとなる日曜日。社会全体がまたあの多忙で追いまくられる生活に入って行く。
カミさんも、地獄のような残業に追い立てられる日々になるので、有閑倶楽部のような悠悠自適な暮らしとは行かなくなる自分でもあるが・・・。
明日は仕事始めに合わせてボランティアの会合の予定もあり、ちょっと頭の中も切り替えねばならないと思っている。

020
【名古屋城:ここからの景色が一番、特に夕日に染まる時間帯がよい】

というわけで、今年は名古屋市街地を自転車散歩するところからの自転車始めとなった。
枇杷島橋から庄内緑地公園をぐるりと回り、河川敷の矢田サイクリングロードを三階橋まで。
ここから南下して大曽根、ナゴヤドームをまわり、徳川園、名古屋城と、距離にしたら30キロほどでそれほどの散歩でもないが、寒さをついて走る。
普段ならば庄内緑地公園でくるりと引き返すところを、名古屋市街北部までちょっと足を延ばす。ほんの少しだけの負荷といえば負荷とも言える。

024
【延命地蔵尊:西区にある「貞養院遺跡(跡地)」旧美濃路の界隈】

いろいろ我慢したり忍耐強くなったりする心構えもこれも負荷、ほんの少しだけ頑張ってみる。
そういう気持ちを一年続けていれば、きっと余裕というのも出来てくるにちがいない。

1
【地図:後から眺めて自己満足するのが走行地図ってことだなぁ】

|

« 珈琲と読書と孫と・・・ | トップページ | それでも生きている »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

名古屋転勤時代も、お正月は東京のテニスコートに出没していましたから、名古屋のお正月風景って、そう言えば、見ていなかったのでした。なるほど、これが名古屋正月風景かぁ・・・

投稿: マミケン | 2015.01.08 13:04

お正月のいいところ。車の数がちょっと減って喧騒もちょっと治まるってところだと思っています。
経済活動が止まると、世の中の動きがゆったりする・・・なんだか、ちょっと昭和の時代に戻った感じが、微妙にいいのですね。首都東京はまた名古屋とは違うのかも知れませんが。

投稿: ちょっと一休み | 2015.01.09 00:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 珈琲と読書と孫と・・・ | トップページ | それでも生きている »