« それでも生きている | トップページ | 世代交代 »

2015.01.07

臨時休業

1月7日(水) 七草

サラリーマンの暮らしから離れると、正月気分も抜けきらない「七草」の日。
これはいかん!と洗濯と洗い物とモップかけ、図書館の返却日のついでに、食料品の買い出しにスーパーに行く。

「臨時休業」と駐車場に貼紙がだされているが定休日ではないのでやはり臨時の休業日だろう。
最近は元旦から営業するのが普通になった小売業界、福袋など正月気分で財布の紐も緩む客の心理をついた商売根性ともいえるが・・・

年末も年始も休みなく営業していたので、ここらでちょっと休業日ということだろう。
中小の小売業にとっては競争も厳しいから営業時間もどんどんと延長し、正月休みどころではないのもわかる。

深夜営業が当たり前になり、不夜城のごとく煌々と明かりがともる街、それに合わせて交通機関も終電車の延長、24時間運航などとさえ言われ出した。
便利になったと喜ぶ人もいるだろうけど、その便利さのむこうには24時間のシフトで働く人たちがいる、きっとパート、アルバイトといった不安定雇用の人たちだ。

雇用が拡大しているのは、そうした不安定な非正規雇用の人たちで、低い収入がゆえに働かなければ、暮らしもままならない。
健康に働くことが、健康な社会を築くもとだと思うが、果たして24時間営業とか盆・暮れ・正月もない仕事のスタイルとか、社会保険も保障されない非正規雇用とかが普通のこととなり、その上に成り立つ経済の回復とはいったい何だろう!
不健康な社会。

朝起きて、日中汗を流して働いて、夕食に間に合う頃には帰宅するという、普通の暮らしが崩壊し始めたとしたら、子育ても難しいだろう、家族のだんらんどころではない。
当たり前のように余裕のなくなる社会、自分のことで汲々となる暮らしでは、他人を思い計る気持ちも薄れて行く。

火星や小惑星にロケットが飛ぶ時代、技術の進歩に反比例するように、貧しさが増して行く。
人生は金が全てである!金だよ!金!と守銭奴のような品格なき姿を誰も笑えなくなった。

「便利になる」というのは、その便利さの裏で崩れてゆくものがあるということだと思う。
景気回復、地方の活性化、積極的平和主義、どうも「良いこと」のように言われることにも、「ちょっと待った」と、よく考える必要があると思う「臨時休業」紙の張り出しであった。

|

« それでも生きている | トップページ | 世代交代 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

人間、朝起きたら目覚め、日が沈んだら寝る生活でいいのにねぇ・・・それ以上働いて、どうする!!

いや単に働かせたい経営者がたくさんいるってことだなぁ・・・他との差別化のためだけに・・・できるだけ安い給料で・・・

投稿: マミケン | 2015.01.08 13:00

企業が儲かれば働く人も中小企業も豊かになる。これは本当だろうかと考えると、どうも今の世の中はそうはなっていないと思います。
なのに「景気回復」を願う人が多いです、これって「生み出した富」をもっと市民生活に回せってことなのに、「景気回復、経済の活性化」って言葉に騙されちゃう、あ~ぁって思うのですね。

投稿: ちょっと一休み | 2015.01.09 00:04

お久しぶりです。昨年秋、実父と姑を立て続けに送ったら気が抜けてしまったようで、自分のブログも更新してないですけど、やっとここにお邪魔できるようになったようです。今日のラジオのニュース、景気回復は感じてないのに支持率が上がってる???なんなのだろうね。映画「小さなおうち」を思い出す。えっ?なんで?と思っている間に、自衛権と称して他国に攻撃を仕掛けてテロを受ける国になるんだろうか?

投稿: 杉山 | 2015.01.13 23:49

杉山さんこんばんは。
昨年の暮に喪中葉書をいただいて知りちょっと驚きました。
お義母さんはブログでも介護の様子を書かれていましたし、一緒に暮らしてみえたから、なお寂しいものですね。
慌ただしい日常のなかで、ふと想い出しなんとも言えない気持ちになる・・・自分の親のことを想いだします。
また、落ち着いたらブログにそういう思い出を綴るのも、気持ちの整理になるかと・・・
今年もよろしくお願いいたします。

投稿: ちょっと一休み | 2015.01.15 00:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« それでも生きている | トップページ | 世代交代 »