« 黒髪、白髪、まだら髪 | トップページ | 晴れときどき自転車散歩 »

2014.10.29

類は友を呼ぶってこと

10月29日(水) 時事

黄金色に輝いていた田んぼの稲刈りを子どもたちが楽しそうにやっていた。
すっかり収穫を終えた後に肥えた土が顔をだし、また来年も田んぼが存続することを願ってやまない都市農業。

今日は寒い一日で、ストーブが恋しいほどだった。
「ストーブを出そうか」と思うが、まだそこまで踏み切れない秋の深まりだ。

知人が「最近テレビのニュースをつけると、妻が『腹立たしいのでつけないで』と見せてくれない・・・」と言っていた。
嫌なニュースばかりが目立つ。
原発再稼働の動き、またぞろ「政治と金」にまつわる話、右肩上がりの値上げラッシュ・・・、いろいろあるが、そういうものがジワジワと目に見えないストレスの元になる。
沖縄の知事選で基地反対の首長が選ばれて、ガツン!と。

「お代官さま、例の件については、なにとぞ・・・これはほんの気持ちの菓子折り(金子)でございまする、へへへ」
「越後屋、おぬしも悪じゃのう・・・ひひひ」

という水戸黄門の世界が、姿と装いを変えて繰り広げられてるにすぎない。
もちろん黄門さまが助けた貧しい町民たちはというと、これも100年以上たっても、基本はかわらない。
黄門さまのようなヒーローはいないし、Newヒーローを待望するのも悪い癖だと思う。

要らないものが多すぎる。「政治と金」に関わっては「政党助成金」はもうやめたらいい。
これほど無駄で憲法違反の税金の使い方はない。

・・・というあれこれは、もう勉強して真実を見抜く力を養うことに尽きるが、悪代官には悪徳商人がつきまとい、群れを成して権勢をふるう者たちの集団ができあがる。
これは「類は友を呼ぶ」ということだろう。

この「類は友を呼ぶ」というのは、似た者同士は自然に寄り集まるという意味。
政治の世界は顕著であって、「金で人心を引き寄せる」のは当たり前とする思想集団がつくられ、一票を嘘とペテンでかきあつめる。

が、そういう世界だけじゃなくて、普通の暮らしや仕事の中でもやっぱり「類は友を呼ぶ」ってことが多い。

功名心の強い人には、そういう人たちが、権勢欲の強い人にはやっぱりそういう人たちが、自己中心には自己中心の集団が形作られる。
集団といってもグループばかりじゃなくて、個々の人の集まりにもあるだろう。

お互いに見えないところで惹きあうようなもので、ある時は共同して意志を発揮し、ある時はお互いを補完物のように支えあうように思われる。
なので、やっぱり正義とか真実とか価値観とかも、その集合体の正義、真実、価値でしかない。

そういうものが社会の大勢を占めるようになれば、マイノリティなどどこかに吹っ飛んでしまう。
「みんな違ってみんないい」はずなのに、多様性なき社会になっちゃうんだろうな。
これも息苦しいことだと思う本日なりぃ~。

|

« 黒髪、白髪、まだら髪 | トップページ | 晴れときどき自転車散歩 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「民主国・日本」などと言っているが、日本国民が1度でも「自分たちの自由」を勝ちとった歴史はない。いつも「お上」からの「おもらい」みたいな自由である。

基本的に日本と言う国家は「封建国家」から大して変わっていないと思うのです。

投稿: マミケン | 2014.10.30 10:54

過って、民主主義は素晴らしいと教えられたものですが、今は民主主義といえば「多数決」程度の話になってしまったような気がします。
古臭いと捨てられそうな気配が漂いますが、政治も含めて僕らの生きてきた時代は、民主主義の成熟度が文化の香りだったと思っています。
時代感覚ってそういうことなんじゃないかと思う今日この頃です。

投稿: ちょっと一休み | 2014.11.05 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 黒髪、白髪、まだら髪 | トップページ | 晴れときどき自転車散歩 »