« 日本の夏、街角の夏 | トップページ | あたらしい命 »

2014.07.30

免許証更新

7月30日(水) 自転車講習もいっしょにやればいいのでは

運転免許証更新のお知らせ葉書が届いたのが一か月以上前だった。
今年の誕生日は更新の年なのだと記憶したつもりが失念して、何気に書類の間に挟まれた葉書を見つけて、「そうだった!」となった。
危ない、危ない。忘却の彼方に飛んで行ってしまうところだった。

もっとも暑い時間帯の午後2時頃ならば駐車場も空いているだろうと、いそいそと出かけた。

必要な書類に記入し、更新手数料を払い、視力検査をうけるが、思った以上に見えない。
○の欠けた方向がわかりづらい。
乱視が混ざり、「上です、右です、下です・・・」と答えるものの自信がない。
「かろうじてセーフですねぇ」と。
3年後の次は裸眼アウト、要眼鏡となりそうだ。
己を知れ!ということだけれど、「あんたは歳だ、歳だ、加齢だ」って言われるようなもので、我が身の情けなさを思う。

30分の講習が義務付けれれている。
テキストとPCを使った「交通安全」講習、100ページを超えるテキストは、自宅に持ち帰っても読み返すことはほとんどないだろう。

愛知県は交通死亡事故が全国のトップであることはよく知られている。
やはり車優先社会が見直されるべきだろうと思う。
子どもとお年寄りの歩行者、自転車との事故が多いという説明。
都市部の道路を30キロ以下に制限して、車ももうすこし「不便」な乗り物になってもいい。

しかし、こういう講習時に合わせて自転車の交通規則の講習をやってもいいと思う。
数枚程度でよいから「自転車安全テキスト」を付けるとよい。
自転車も軽車両、車両のひとつなのだという自覚も芽生えるに違いない。

出がけに二人の小学生が乗った自転車がT字路であわやの車とのニアミスがあった。
右側を走っていた自転車が住宅の角の道で、あわやであった。
交差する道の右左折時に右側を走る自転車は、運転手にとって見落としやすい、見にくい死角だと言える。

自転車の右側走行がいかに危険をまねくか!ということだけど、運転者も自転車には乗るだろうから、せっかくの講習会に「自転車講習」が義務付けられてもいいのでは・・・
それほど自転車の乗り方に無頓着なのが今。

小学校では自転車教室があったけれど、大人になって自転車交通安全の講習を受けた人などほとんどいないし、車道の走り方も知らない事も多く我流で走っている。

ということで、3年後も眼鏡をかけた「優良運転者」でいるだろう。

|

« 日本の夏、街角の夏 | トップページ | あたらしい命 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

自転車講習会かぁ・・・確かに、講習パンフの巻末にでも付ければ、少し感心持つ人がいるかも。昨今、「被害者」ではなく「加害者」としての事故も多いようだし・・・

投稿: マミケン | 2014.07.31 10:44

自転車の損害保険もあるようです、まだ加入してないが、そのうち入ろうと思っています。
自転車の規則も知られてないことが多いですね。傘を取り付けた自転車はいいのだろうか?、やむを得ず歩道を走る時はどこの位置を?左折車線のある道で直進するときは道路端から直進車線まで変更して行くのか?・・・
交通規則を守って走ろうとすると「ふ~む」と悩むことも少なくありませんね。

投稿: ちょっと一休み | 2014.08.01 00:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 日本の夏、街角の夏 | トップページ | あたらしい命 »