« 長浜サイクリング | トップページ | 尾張西枇杷島まつり 2014年 »

2014.06.05

梅雨ですなぁ~

6月5日(木) 田植えの風景

Dscn0212_025

猛暑のあと、梅雨前線があっという間に、日本列島を北上して名古屋地方も雨降りの一日でした。

カラ梅雨らしいとか冷夏だとか、いろんな予報が飛び交っているが、最近は記録更新のお天気なので、どうなるのか?何が起こっても不思議ではない時勢だと思いますね。

梅雨といえば、青梅雨(あおつゆ)とも言って、新緑にふりそそぐ雨って、情緒のある日本の四季の一つだけど、まあ、なんと今日の雨の豪雨ぶりだこと・・・

その梅雨の季節の風物詩に田植えがあります。
いや、ここら辺りはちょっと遅いのが例年だが、昨日、小学校の生徒さんが借りている田んぼで田植えがありました。
住宅地の一画の小さな田んぼに、キャーキャーと黄色い声が上がってて、とても賑やかでした。

綱糸を張り、その綱にそって一列に並んだ生徒さんたちが、苗を植えて行きます。
泥まみれになって、お尻にもしっかり泥がついて、それでもみな楽しそうでした。
耕運機や田植え機などの機械がなかった時代を彷彿させる風景ですね。

季節を実感することが少なくなりました。
テレビなどのニュースで季節の風物詩を流してくれますが、実感するとまでは行かないでしょうね。
暮らしのなかの自然は意識しないと知らぬ間に通り過ぎてしまうものです。

ああ、田んぼに張られた庄内川から引き込まれた水に、今日も蛙たちがゲコゲコと鳴き声を上げていました。
都会にいても、こういう風景が見られるというのは、とても心地よいものです。


梅雨も、田植えも、蛙の鳴き声も・・・頭のなかで考える文化よりも、よっぽど季節の実感力を鍛えてくれるものだと、私にはそう思えるのですが。

|

« 長浜サイクリング | トップページ | 尾張西枇杷島まつり 2014年 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

季節を感じる田植えを小学校の授業でやるのはいいですね。名古屋だと、少し郊外に行くとまだ田んぼが残っているのでしょうか?東京だと田んぼはかなり珍しい風景になってしまいました。子供たちのいい思い出になるといいですね。

投稿: マミケン | 2014.06.06 10:10

名古屋市内でも周辺区には田んぼが残っていますね。
子どもの成長にとっても、できるだけ自然が暮らしのなかにあると、やっぱり違うのではないかなぁとも思います。
季節や天候や生き物などの話題が会話のなかでも減ってるのが、大都市の暮らしの特徴なんじゃないかと・・・

投稿: ちょっと一休み | 2014.06.07 01:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 長浜サイクリング | トップページ | 尾張西枇杷島まつり 2014年 »