« ほの暗い灯りの下で | トップページ | 話題あれこれ »

2014.04.12

土曜の夜の晩餐会

4月12日(土) 外食は・・・

005

外食産業は花盛りで、週末ともなれば家族連れで店も混雑する。
食べることも作ることから買う時代になって、忙しい現代人はその便利さについつい「今日は外でたべようか」となってしまうものだ。

だから週末ともなれば親子連れや友人同士らで店はいっぱいになる。
まだ、これほど外食産業が盛んでなかった頃、外で食べるなんて贅沢のかぎりであったが、そうした若い頃、アパートで独り暮らしをしていて、平日はともかく週末の夕食を外で食べるのにはちょっと抵抗感があった。

大勢のファミリーに混じって店のテーブルに一人座るのが、なんともやりきれなかったのを思い出す。
もう今はそういう時代ではないから、一人であろうが家族連れであろうが、そういうことに抵抗感もありはしない。

そんな過っての時代をふと思いだしながら、土曜日の夜の晩餐会という名の夕食。
たいしたことではないけれど、久しぶりの外食はどんなものでも「晩餐会」になる。
とくにあれこれの冷蔵庫の残り物を夕食で始末しようかと言ってた矢先に「お好み焼きにするか」と、あっさりと結論が出て外食に繰り出す。

お好み焼きは鉄板の厚さが勝負のような気がする、家庭にはあの厚い鉄板はないので、素材はたいしたことがなくても、専門店の焼き上がりはちょっと違うのである。
でももしかしたら卓上のコンロに数センチの厚みのある鉄板を敷いたら、きっと上手く焼けるのかと思うが、どうだろうか・・・

自分で焼きながら、それなりに具材は炒めてから、鰹節は先に混ぜ込んで、ソースは店によってずいぶん違うなぁ~などと、ひとしきり「晩餐会」の素材とにらめっこ。
なにも高級日本料理店の天ぷらばかりが「晩餐会」で美味いわけじゃないと、庶民には金持ちには到底理解できない庶民の美味さがあるものだ。

ささやかな夕食はお好み焼きだった本日なりぃ。

|

« ほの暗い灯りの下で | トップページ | 話題あれこれ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お好み焼きは、我が家でやった経験はありません。広島出身だったりすると、みんなやっていたりするのかな?関西出身の家庭だと必ず「たこ焼き器」があると聞いた記憶があります。

投稿: マミケン | 2014.04.18 12:22

夜学に通ってた頃友人とよく行った下町のちょっと小さな店、おばさんが一人でやってるお好み焼き店、やたらキャベツばかりがいっぱいで、それでも腹が膨れる・・・そういう懐かしい店を何十年ぶりかに訪ねてみたら、もうとっくの昔に無くなって、町も一変していました。
10代のころのお好み焼き店の話です。

投稿: ちょっと一休み | 2014.04.21 00:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ほの暗い灯りの下で | トップページ | 話題あれこれ »