« ロウバイマンサクゆらゆら水面の光 | トップページ | 圧巻! »

2014.01.30

皮と革

1月30日(木) 面の皮の千枚張り

Photo

久しぶりに国会中継を見ていたら、質疑のかみ合わない答弁が延々と続いていた。
こういう「どこふく風」といった答弁を見るにつけ、「面の皮の千枚張り」って故事を思い出す。

つまり、早い話が「恥知らず」というわけだ。
辞典にもそう書いてあるので、議員の数さえそろえば「どうぞ好きなだけおしゃべりください」という顔は、面の皮が千枚張ってあるという、別の言い方だと鉄面皮ということだろう。

まあ、千枚も張ったら重くてしかたがないのだが、人の心はなかなか見えないので、シャレコウベを被う「皮」に例えたのだろう。

しかし、こうした場合は「面の皮」というように「皮」の字が使われるが「革」とは言わない。
なぜなら、牛さんや豚さんから剥いだ状態が「皮」で、その皮をなめしたものが革。つまり皮の脂肪分やタンパク質などを取り除いて、繊維質の状態になったものが革。

古代からこうした「なめし」というのは行われていたようだから、皮から革への起源も古く人間の知恵の産物とも言える。
さて、その皮をなめして革製品という見栄えのする素材になる。
面の皮の厚い御仁の皮をはいで、役に立つ革にするには、ずいぶんと厄介なものだろうが、牛さんや豚さんの皮をありがたく使わせてもらったというのが本日の話。

自転車のフレームを保護するカバーは1000円とか2000円程度で売られているが、折りたたみ自転車ブロンプトンのフレームカバーを革で作ってみた。
フレームをまたぐとき靴でひっかける、たたんだ時にタイヤが接触する、というので軽いものを巻いていたが、見栄えがイマイチなのだ。

見栄えってのは機能からすればどうでもいいものだけど、ひとつここは自分で作ってみようと、先日買った革の端材を使って、単純にクルリと巻くだけのカバーである。

物を作るという作業はおもしろい。写真とか絵とか文章とか・・・作るってのは究極の自己愛なのかも知れない。
世の中が儚く虚無的に見える時は、何かを創る作業に没頭するといいかも知れない。
自棄酒に快楽を求め、ギャンブルに宵越しの金を失うよりも、ずっと生産的なのだ。
人は元来が「働き者」なのかも知れない、その働く環境を破壊して・・・いかん愚痴になる。

それで、フレームの円周を直径×3.14(ヒトヨヒトヨニヒトミゴロ~)って計算はせずに、単純にメジャーで測るほうが早い。柔らかい豚さんの革を切って、端をトコノールって薬品で処理し、一本目打ちで穴を開けるだけ。
あとは、靴ひもの要領で巻く、巻く、きつく巻く。
あまりにもシンプルなフレームカバーの出来上がり。

自転車の愉しみ方っていろいろある。ボルト1本をチタンに換えて10g20gの減量作戦を楽しんでる人や、走行距離に命をかけてる人・・・みんな素晴らしい。

で、1時間ほどで出来上がった写真が冒頭のものだけど、もう少し手を加え、四隅にチョコレート色の牛さんの革を縫いつけてみると、ちょっとアクセントになるだろうか・・・。

もっか、補修作業中というお遊びの本日なりぃ~。

|

« ロウバイマンサクゆらゆら水面の光 | トップページ | 圧巻! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「物を作る」は人間の喜びだったはずである。いつからだろう?「物を買う」が喜びになってしまったのは。まぁマスコミは「今、これがトレンディ」とか「これを持っていないと遅れてる」と煽る。

でもそんなの関係なく、自分で作れば、どこか世界的なブランド物以上の「宝物」になります。なぜなら、それは世界で1つしかないのです。

投稿: マミケン | 2014.01.31 09:39

なかなかおしゃれですね。器用なんですね。しかし、自転車のフレームを保護するカバーがあるとは知りませんでした。

投稿: 杉山 | 2014.02.01 10:08

間宮さんこんばんは。
こういうカバーも買うよりも自分で作るほうが楽しいですね。出来上がりよりも、いろいろ試しながら作る過程が面白いものです。
何年か前に革細工をやって、また今回始めて、そのうち満足できるものが仕上がれば・・・
興味を持ちつづけるのは認知症対策かも知れません(笑)

投稿: ちょっと一休み | 2014.02.01 22:26

杉山さんこんばんは。
自転車も複数台持ってて、日頃の散歩自転車は荷台をつけたり、ライトを工夫したり・・・
この自転車は旅行用で、持ち運びやすさとか軽快さとか見栄えとか、そんなところを大事にしています。
カバーもそうですが自転車用品は物凄くたくさんあります、そういうものを自分に合せて作るオリジナルな自転車環境がおもしろいです。
雨ざらしで錆びた自転車を見ると自転車も人も可哀そうに思えてしまいます(笑)

投稿: ちょっと一休み | 2014.02.01 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ロウバイマンサクゆらゆら水面の光 | トップページ | 圧巻! »