« なごり紅葉 | トップページ | カレンダーの季節 »

2013.12.12

喝!

12月12日(木) 世相をあらわす漢字一文字

002
【夢が叶えられるようにと・・・豊国神社(名古屋市中村区)】

図書館に行った。
読み終えた「源氏物語」に続いて「枕草子」を借りて読みはじめた。

どちらも現代語訳のもので、訳者によって雰囲気はずいぶんと違うこともわかったが、原典を訳して作り上げた世界は、やっぱりその訳者の「世界」になるのだろう。
とはいえ、そういう古典の読み物から何をとらえるのかと、つねづね思うのだが「源氏物語」の姫君たちの在り様や平安時代の婿入り婚の様子などを少しかいま見られたものの、正直もう一つよく理解できない。

物語としては光源氏亡きあとの「宇治十帖」といわれる姫君「浮舟」の段が、もっとも現代風のストーリーだてに近いものがある。
匂宮と薫の大将という二人の男のどちらにも偏することもできず尼君となる悲恋話は、恋する「純粋」さよりも貴族社会の女性の哀れさをうかがい知れる。

それに比べると清少納言の「枕草子」はまだ読み始めたばかりだが、同じ貴族社会を背景にしているとはいえ、作者、「私」の見た「世界」が私小説のようであり、世相批評のようでもあり、個人の趣味で言えばこのほうがおもしろい。
「枕草子」は僕の好きな作家杉本苑子訳で、これも図書館本だ。

さて、世相といえば「今年の世相を漢字一文字で表す」という恒例の年末風物詩が「輪」というそうだ。
昨年が「金」で一昨年が「絆」、その前が「暑」で、さらに前が・・・覚えてる人もあまりいないが「新」。

昨年の「金」はオリンピックの金メダル、「絆」は東日本大震災、「暑」は夏の猛暑日で、「新」は民主党新政権への交代。

言われてみればなるほどと思いだす程度で、漢字など忘れても一向に差支えないけれど、震災復興も原発廃止も他人事のように進まず、政権交代は政党交代で何も変わらなかったという事実は忘れられてはならないことだ。

そこで今年は「輪」というが、東京オリンピック開催決定、東北楽天の優勝といった「チームワーク」のイメージで選んだ人が多かったそうだ。
なんとなくウキウキするような漢字を欲しているのだろうが、世の中が暗くなる一方だから理解もできるけれど、世相を表しているのかな?

政府の総理大臣が今年を一文字で表すと「夢」だとニュースで言っていた。
数さえそろえばこっちのものだ何でもできる夢も叶う!とでも言いたいのだろうかと揶揄したくなる。

そうなると、やっぱり今年の世相を表す漢字は「喝!」と言いたくなる。
禅のいう「喝」は相手の思い上がりを戒める、執着を絶つという意味があるというから、やっぱりこの漢字が今年の僕の選ぶ漢字の一文字だ。

こんどの日曜日のサンデーモーニングでは、張本さんにニュースのコーナーにも登場願って、秘密保護法、TPP、総理の”夢”、に「喝!喝!喝!」と叫んでもらいたいと思う本日なりぃ~。

|

« なごり紅葉 | トップページ | カレンダーの季節 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

首相は「夢」と言ったが「嘘」と言って欲しかったなぁ・・・みんな納得したのに・・・

投稿: マミケン | 2013.12.13 09:36

嘘といえば「福島原発の汚染水は完全にブロックされている」ですが、「日本の農業が守られなければTPPから撤退する」、「経済再生の三本の矢で国民の所得も増えるから消費税も・・・」次から次へ、いったいどんな顔で言えるのかと思ったら、「ウソツキ顔」の、あの似顔絵がリアリティありましたね。

投稿: 一休み | 2013.12.14 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なごり紅葉 | トップページ | カレンダーの季節 »