« 門出の朝 | トップページ | 晩秋の庄内川を走る »

2013.11.17

レザー クラフト

11月17日(日) ぼんやりと、物欲について考える日・・・

 娘の挙式を終えて一週間、なんとなくぼんやりと過ごしておりました。
 まあ、そこに焦点をあてて、あれこれこの数か月きたので、安堵感と気が抜けたようなものかと・・・

 「物欲」というのはいろいろあるが、生活に根差した「三種の神器」といった家電とか車とか、必要に迫られた物への愛着は、物欲とはちょっと違うかもしれない。

 貴金属、証券、株・・・こういうものは、不労所得を生み出すものだから、限りなく拡大再生産して行く物質依存社会の申し子のようなものだと思う。

 では、個人的な趣味の物、たとえばゴルフのクラブとか、自転車とかスポーツの道具とか・・・
 カーボン製の軽量な自転車が欲しい・・・欲しいけれど高価で使用頻度も低いから買っても無駄になる、今ある自転車で十分だ。

 こういうのは収入に限度のある身としては、ある程度「諦めがつく」ものだけど、こころの奥にはなんだか「物欲」がうごめいているような気がして、そういうものに支配されている自分にほとほと嫌気もさすものだ。

 「物欲」は幾つになっても持ち続ければよいという考えもある。
 そうした意欲が生活のハリとなって、元気に過ごせるならば、無理して我慢することもないという考え。
 無駄なものを買う、誇示するものとして買う・・・というのは「物欲」というより見栄が勝ってるとしか言いようがないが、人は生きて行くにあたって、どうも嗜好というものがあって、そういう物への執念はいったいどう考えたらよいのか。
 
 とりとめのないことをぼんやりと考えてると、なんとまあ暇な事と言われるに違いないが、それなりに考え続けていると、実にすばらしい名案がうかんだりする。

 Amazonで時々注文買いをする。
 あまり店では置かれていない商品を買うには便利である・・・というか、品物がないからしかたがない。
 最近はペットフードの箱買いをしたりして、それなりの顧客というわけだ。

 ネットでは実に多くの品々が掲載されていて、そういう品々を比較しながら検討するってのも、いわば一種の「物欲」が満たされるものである。
 「欲しいものリスト」というものがあって、クリック一発で「欲しいもの」に入る。
 よくよく考える、これは金銭に余裕のない者のウインドウショッピングみたいなものである。

 片っ端から「あれも欲しい、これも欲しい」とクリック、クリック・・・・、片っ端から選んでゆくと数百点にもなった。
 もちろん買うわけではない。
 買うのは必要な品々だけ。
 しかし、この「欲しい、欲しい・・・リストに入れて」ってのは、「物欲」を満たすのにはおもしろい。
 多くはリストに入れても、一週間も過ぎれば、実に馬鹿馬鹿しくなって「いらないなぁ!」というものばかりになる。
 
 少し大きめのスマートホンを持ち歩くのに苦労している。
 ポケットでは大きすぎるし、鞄の中では見失う・・・何かちょうど都合の良いポーチなどないかしらん?と、「欲しい物リスト」をクリック連発してみたが、要求を満たすものは無いのである。
 どこかが違う、「帯になんとか襷になんとか」というものだから、ほどほどで妥協するのもつまらない。
 
 つまり、こういうものは自分で作るしか方法がないなぁ!ということをグルグルまわりながら結論。
 東急ハンズの皮革売り場の革端切れを買うことにした。
 端切れの革だから安い、上手くすれば「物欲」も「達成感」も満たされる(かも知れない)。

 自分で作ってやれ!ついでに妻も携帯ポーチが欲しいというので、それも考えてみようというわけである。
 10年ほど前に「レザークラフト」に挑戦して一度は挫折したけれど、工具はだいたいそろっている。
 また再挑戦といわけだ・・・

 ちなみに「皮」と「革」の違いは、動物から剥ぎ取ったものが「皮」それをなめしたものが「革」というようだ。
 人間も一皮剥けば「しゃれこうべ」、誰がエライもくそもないから、せめて牛や馬や羊やそういう生き物が与えてくれた資源を、自分なりに加工して「革細工」をするのも、いいものだと思う本日なりぃ。

 
 

|

« 門出の朝 | トップページ | 晩秋の庄内川を走る »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「自分で自分の物を作る」これが究極かなぁ・・・気に入らなかったら、修正したり、また作ればいいんだし、考えたら現代人は「自分で作る」という選択肢をなくして、「ブランド品」ばかりありがたがっているように見えますね。

僕も紙細工はできるけど、その他はすっごく不器用です。ははは

投稿: マミケン | 2013.11.18 14:37

きっと、自分で作るのが一番おもしろいと思いますが、革職人の出来栄えを見たりすると、やはり凄いなぁと思いますね。
まあ、そこまで行けなくても自分で作る楽しさを味われればいいかなぁと。
それにしても何かを創るってのは、ほんとうの贅沢ってものかも知れませんね。
・・・不器用ということでは同類です(笑)


投稿: ちょっと一休み | 2013.11.18 23:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 門出の朝 | トップページ | 晩秋の庄内川を走る »