« 立秋と夜景 | トップページ | 炎天下にリタイアする »

2013.08.09

41度!

8月9日(金) 論理的思考力の減退

 午後2時30分のもっとも暑い時間帯に、頼まれてお義母さんを車で迎えに行きました。
 30分も走ると車に取り付けられた車外温度計が、38・・・39・・・40・・・41度。
 アスファルトの道の照り返しなのでしょう、41度を指した時には車にクーラーがあって良かったと痛感しました。
 いったい人間は何度までならば、耐えて普通の暮らしができるのでしょうか?

 甲子園球児の熱戦が行われていますが、炎天下のスポーツ攻守に時間がかかれば熱中症にならないだろうか、途中で水分補給タイムをとらなくても大丈夫なのだろうか・・・そういうルールもあっていいんじゃないかと。
 愛知県の名電高校は初戦敗退してしまいました。炎天下の熱闘!それだけでも凄いことだと思います。

 久しぶりに議論の内容をまとめ、文章で提出する作業を依頼されたが、こうも暑いと頭の方も回転しないわい!と暑さのせいにして、引き伸ばしていたら督促されるしまつになった。

 あわてて、扇風機にかじりついてパソコンの文字を打つが、どうもしっかりした文章にならない。
 議論の要点を整理しながら、文字にしてゆくがどうしても口語文になってしまう、しゃべり言葉である。
 最近、小説ばかり読むことが多いし、いわゆる調べたり、論理立てたりする作業が少ない、おまけに会話することも減っている。

 相手との会話の中で物事を整理することが多い僕としては、どうしても理路整然とした文章にならないわけだ。
 気ままにブログを書くにはいいけれど、議論の整理となると・・・そういう論理的思考がついてこない。
 歳である。

 物忘れが増えて芸能人の名前が出てこない、人の顔の区別が苦手になる、どうも「勉強」という習慣が減ってきているのかも知れない。

 勉強といえば最後の最後でギリギリで仕上げることが多かったので、そういう追い込まれなければ出来ない習慣が幾つになても身に沁みて抜けない。
 少し早めにとりかかればいいのだがそれが出来ない。いや、きっと、やりたくないのだ、追い込まれて仕上げる・・・ほっとする・・・ご機嫌である、という図式だ。

 追われてギリギリで仕上げることに快感のアドレナリンが出ると誰かが言ってたが、たしかに督促されてた報告書が、できあがった解放感は久しぶりだったなぁ。
 
 

 

|

« 立秋と夜景 | トップページ | 炎天下にリタイアする »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 立秋と夜景 | トップページ | 炎天下にリタイアする »