« 愛犬ポン太16歳 | トップページ | 夏の風景3枚 »

2013.07.11

茄子と麦茶と地球ロック

7月11日(木) 猛暑です、モウどうシヨうもない・・・笑

 連日37度です。夏休み前の7月上旬にしてこの気温ってことは、今年の夏はどうなってしまうのか?

 この地球の熱地獄を救うためにやってきた地球戦士ロックマンが熱中症を防ぐため、麦茶をサービスしている。
 いや、麦茶だけでは塩分が足りないから、茄子の浅漬けも添えて・・・という空想を描いてみた。

 というのも、今日は義母の運転手役で隣町の農協に買い出しに出かけ、朝の9時半にして温度計は34度を指していたから、エアコンの効いた車内はともかく外は地獄の暑さだった。

 農協というのは野菜が安い、新鮮である、地産品であるなど、そこらの大手系列のスーパーよりはるかに値打ちである。
 で、そこでふと茄子の浅漬けを作ってみようかと思いたったら、「おいしいと思うよ、作ってあげようか」と。
 茄子と浅漬けの素が義母のカゴに入り、本日のアッシー代というわけである(笑)

 麦茶に茄子の浅漬けは夏の暑い日には実に美味い取り合わせだと思う、ほどよい塩分が麦茶をフォローして熱中症対策ではないだろうか・・・
 もともと、僕の生まれた長野は一服休憩にお茶と漬物が普通のことだったから、寒い地方の塩分過多は健康にどうかということもあるが、漬物というのは僕も僕の親も一つの文化だった。

 「茄子」と「麦茶」と「地球戦士ロックマン」が無事結びついた?・・・笑。

 しかし連日の猛暑です。
 こう暑いとさすがに自転車散歩は控えていて、夕方のちょっと2~3度気温が下がった頃とか、まあ無理はしてないわけです。

 日中もクーラーを入れます、冷房と扇風機を併用して「今日も暑い一日、熱中症に気を付けましょう」と飽きるほど聞こえてくるニュースにウンザリしながら、それほど言うのならば「しょうないなぁ~、クーラー入れましょか・・・」

 熱中症対策は万全である!と言えば、体温感知能力は年齢とともに下がりますからとニュースが言う。
 熱中症計が警告音を発してるよ!と言えば、熱中症にはならないという自信家が熱中症になりやすいとニュースが言う。

 水分を摂りましょう、帽子をかぶりましょう、日中は戸外に出ないようにしましょう、部屋の中でも熱中症には気をつけましょう・・・いったい、どこに居ればよいのでしょう。

 暑い暑いと言いながらも、扇風機と冷たい麦茶で過ごすことができた僕らの子どもの頃は、いったいどこに行ってしまったのでしょう。
 街づくり、都市計画の失敗だな!と思えてなりません。

 さて地球ロックの話である。
 我が家は玄関と廊下とトイレと風呂場以外の部屋には一応クーラーが効くようになっています。
 いいえ、もう一つ僕の三畳半のパソコン部屋、ここにはクーラーが付いてなく、おまけに西日が入る部屋ときているから、蒸し風呂状態であり、ここでパソコンに向かうとなると・・・想像通りってわけです。

 であるからして、とてもこの35度をらくに超える部屋で本を読んだり、パソコンに向かったりはいくら熱中症にはならない!と強気に言っても、体がもちません。

 しかたないから、一階の玄関の横にリビングでクーラーを入れます。
 一応クーラーを入れる理由も申しておきますと、玄関で愛犬ポン太がハアハア言ってるので、犬の為であります。生類憐みの令のようなものであります。

 この部屋で本を読んだり、パソコンを見たり・・・と言ってもタブレットPCです。
 余談ですが、もうすぐ家庭のPCはタブレットにとって代わる時代が来るでしょう、きっと。
 で、そのタブレットPCでアマゾンの通販などを調べたりするわけです、茄子の浅漬けなどを検索したりするわけです。

 そこで、最近知ったのが「地上ロック」という言葉。
 ちなみに、人間に快適な地上の温度をロックせよという話ではありません。原発再稼働をロックしろ、残念だけどそういう話でもありません。

 地上ロックというのは自転車盗難防止のために地上の構造物と自転車をつないで鍵を架けることを「地上ロック」というようで、おもしろい表現だなぁ~と感心しました。
 この地球上でロックしたいものはたくさんあって、TPPとか憲法とか消費税とか規制緩和とか・・・そういうものではなくて、とりあえず自転車盗難防止のための地上ロック。

 この大上段にかまえたような「地上」ってところが、情けない「(盗難防止)ロック」とミスマッチでユーモラスでもあります。
 「盗難」といえば1948年のイタリア映画「自転車泥棒」が傑作ですね、貧しい暮らしの父親と息子の何とも言い難い姿が印象的でした。
 なんとか芸人のジテンシャドロボーとは・・・比較もしたくないほどです。

 まだまだ暑い日本の夏は続きます・・・って言うかぁ~ぶっちゃけこれからが本番だ!などと若者言葉で締めくくったりする本日です。暑いなぁ~、エアコンの効いた職場が懐かしいなぁ~。
  
 
 

|

« 愛犬ポン太16歳 | トップページ | 夏の風景3枚 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうそう、名古屋の夏は暑かったなぁ・・・と思いだしました。早朝、涼しいうちに散歩していると、近所のお寺でお相撲さんたちがトレーニングしていたりしていた記憶があります。

僕たち世代は子供時代「クーラーのない生活」をしていましたから、どうにかこうにか誤魔化して生きていけますが、30代以下は子供時代から「クーラーがあって当たり前の生活」だったでしょうから大変なんだろうなぁ・・・もっともマンションなんかだと、自然の風も通らなかったりするようですね。

投稿: マミケン | 2013.07.16 16:38

そうですね、昔は夏休みに30度を超える日は暑い日で、35度を超えた日なんて無かったような気がします。
最近出来た近所のアパートは小さな窓が二つしか見当たりません。
風を通して涼をとるというより、クーラーを前提にした家屋建築になってるのでしょう。
その風だって、午後の最も暑い時間帯は熱風か入り込みます。
都市部のヒートアイランド現象はもう熱地獄の様相、高齢者はエアコンを使ってと言うが、貧しくて電気代も節約してるお年寄り世帯には惨い時代だと思います。
住宅を密集して、アスファルトで固め、わずかな都市農業も壊し、そうしてエアコンの熱を放出するわけですから。
・・・と愚痴を言ってもしかたない(笑)
今、名古屋場所が開催されていて地下鉄や自転車に乗ったお相撲さんをよく見かけます。
自転車も小さく見え、あの体重を載せてタイヤが回っています。自転車は偉いなぁ~などと思ったりします(笑)

投稿: ちょっと一休み | 2013.07.17 01:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 愛犬ポン太16歳 | トップページ | 夏の風景3枚 »