« 奥琵琶湖サイクリング | トップページ | 菜の花 »

2013.03.22

暮らしの中の季節の観測地

3月22日(金) さくら一分咲

001

 さくらが咲いた。
 今年も咲いた。
 昨年も一昨年も、やっぱりこの幹からのびる枝にさくらが咲いた。
 ただそれだけのことだけれど、いつもいつもこの木が一番早い。
 さくらが咲いた。さくらが咲いた。
 なにげない街の中学校の校庭の端のさくらの木だけれど。
 やっぱり今年も一番に、ひとつふたつみっつ・・・・さくらが咲いた。
 暮らしのなかで季節を感じるのはいつもいつも忘れずに、この木の下を通るたび、もうすぐだろうと密かに待ちわびて、その日がやってきた時だ。
 なにげない桜の木だけれど。


|

« 奥琵琶湖サイクリング | トップページ | 菜の花 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

桜の花が咲いた喜びは、人々が「冬を越えた喜び」ではないだろうか?虫は外に出て、子供たちも外で遊びだす。季語「しゃぼん玉」は、そんな春の風景を象徴した季語ではないかと、先日の俳句会で谷師匠と話しました。

投稿: マミケン | 2013.03.22 11:09

東京では桜が満開だそうですね。
名古屋はもうそこまでやって来てるけれどまだ満開ではありません。
名古屋の方が南のはずだし、夏だって暑いし・・・なぜでしょう?東京は人口が多いから人の熱で暖かい(笑)
春になるとちょっとカラフルになって、町も明るくなるような気がしますね。

投稿: ちょっと一休み | 2013.03.23 21:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 奥琵琶湖サイクリング | トップページ | 菜の花 »