« ゲリラ雷雨で雨宿り | トップページ | ぶらりぶらぶら金沢 ① »

2012.09.04

蓼喰う虫も好き好き

9月4日(火) Magazine AD ( 雑誌広告)

 人の好みはさまざまで、理解しがたい多様性をもつものである。というのが「蓼(たで)喰う虫も好き好き」の意味です。

 先日、某ショップの大バーゲン「ハンズメッセ」と言えば解ってしまうが催されていました。
 そこで買ったのが「Magazine AD」、つまり雑誌の広告ってわけです。
 毎回、数百枚をめくりまくっています。
 昔のカメラ、自動車、タバコ・・・などの雑誌広告を一つの絵として売っています。
 久しぶりにお気に入りの一枚を見つけました。

 Img_0006

 自転車に乗った若者たち、古き良き時代のアメリカの雰囲気があります。
 「BLUE BELL」という社名?商品?何の宣伝広告か英語が読めないからわからない。
 けれど、まあ、それはどちらでもいいんです。
 いつの時代なのか、1960年代なのでしょうか。

 ある時期、僕らはアメリカ文化の楽しさみたいなものに憧れた頃がありました。
 そういうものが「自転車」と結びついて・・・それだけで、もう僕は買う気になってしまったのですが。
 1枚400円弱ほどのお値段です。

 蓼(たで)喰う虫も好き好き。
 故事・ことわざでは、もっぱら「悪趣味にたいして言う」とあります。
 が、趣味なんて当人の好みがマニアックになればなるほど「悪趣味」でしょうね。
 それでも、たかが古い雑誌広告の一枚が商品にさえなるということは、それなりに「悪趣味」でもないか(笑)

 自己満足の世界ですね。
 その自己満足も絶えず次の物を探し続けるから、きっと完結することはないでしょう。
 アクリル製の額もいっしょに買って、おそらく家族には「無駄同然」と思われるのでしょうが、それはそれで僕の心の充足感がちょっぴり満たされる一枚の絵になりました。

|

« ゲリラ雷雨で雨宿り | トップページ | ぶらりぶらぶら金沢 ① »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「何で雑誌広告?」と思ったんですが、そうか自転車の広告だったんですね。この時代の広告は写真よりイラストを使うことが多く、広告をまとめた本を持っています。何か「健康的だったアメリカ」を彷彿させます。

他に車や船、飛行機の旅行などの広告も載ってますが、「機械と人間の明るい未来を信じていた時代の広告」という感じがします。いつでも広告には時代の空気が入っているんですね。

投稿: マミケン | 2012.09.05 10:15

こんばんは。
毎回、自転車の載ってるものを探していて、3回目にしてこれを見つけました。
どうも「自転車」というだけで、目が輝いてしまいます、執念です(笑)
裏面にはモノクロの不明な広告があるから、当時の雑誌を切り取ったようです。
のんびりした雰囲気がいい、今だったらこんな広告はインパクトがなくてボツなんでしょうね。
面白い!(と自分では思うのですが)物を探すのは、骨董品を探すのと同じで、贅沢な趣味だと僕は思うのです。
ははは、間宮さんの部屋も面白そうなものがいっぱいありますね。
お互い「おもちゃ箱」でしょうね(笑)

投稿: ちょっと一休み | 2012.09.05 23:29

まぁ、女の子に言わすと「男はみんな永遠に小学5年生」という話を聞いたことがあります。「小学5年生」というのが微妙で気に入りました。

僕の家もいろんな物がありますが、整理がついていない。「何となく買った」ような物が多く、けっこう買ったはいいが、全然使っていない物も多し。おまけに貧乏性でなかなか捨てないので、だんだん倉庫から居住区に荷物が溢れだしてます。いかんいかん整理しないと・・・(と、いつも言ってるだけ)ははは。

投稿: マミケン | 2012.09.06 13:52

旅に出ててコメントが遅れちゃいました。
ははは、小学5年生頃がおもしろいですね。思春期前のどっちつかずの年頃・・・
この曖昧で生活感がちょっと欠けて、それでも何やら思い込んだりしていたのが、この頃だったかなぁ~
どうも僕も、これはいい!と思って買って、我が家で見せびらかすと「なに、それ」というのが多いです。
思い込みで買って、その思い込みが長続きしないこともしばしばですね。ところがやっぱり捨てられなくて、とっておいて・・・ときどき、こういう性格が嫌になることもあります。(笑)

投稿: ちょっと一休み | 2012.09.08 21:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゲリラ雷雨で雨宿り | トップページ | ぶらりぶらぶら金沢 ① »