« 秋の気配 | トップページ | 蓼喰う虫も好き好き »

2012.09.02

ゲリラ雷雨で雨宿り

9月2日(日) なんとも間の悪い自転車散歩だったなぁ

 何事も「間の悪いこと」はあるもので、久しぶりに庄内緑地公園に出かけた午後だったが・・・
 暗雲が広がりはじめて、「こりゃぁ降られるか?」と、走れば走るほどに雨雲が濃くなりだして・・・
 着いた頃にはポツポツときたではありませんか。

Img_0002

 まあね、そういうことも散歩にはつきものだと、晴れもあれば雨もあるのが浮世の習わし・・・
 公園ってのは屋根付きベンチってものが、一つや二つはあるってもので・・・
 しばらくやり過ごすかと、呑気に「雨宿り」をしていました。

Img_0017

 風雲急を告げる・・・
 にわかに黒い雲が広がって、本格的な豪雨になりそうで・・・
 いや、なってきた。
 だけじゃなくて、雷鳴と稲光が、ゴロゴロドカン・・・
 こういう広場の屋根付きベンチは落雷もあるかも知れない・・・
 と、確信的に危険を感じて、大粒の雨の中を、公園の管理事務所まで急ぎ飛び出しました。

Img_0025

 この判断は、実に正しいものでした。
 事務所の建物に避難した途端、凄まじい豪雨、落雷、おまけに救急車のサイレンの喧しさです。
 園芸用のリヤカーも雨宿りして・・・
 コンクリートの上には激しく雨水が飛び跳ねています。
 いやはや、まことに間が悪い・・・
 こいつは一時間は止みそうにない!と腹をくくれば、まあ人生の浮き沈みのようなもの・・・
 雨も止めば、虹の空が見えるかも知れない、見えればラッキー。

Img_0054

 しばらくして、雷雨を運んできた黒雲が南の方角に流れて行きました。
 雨上がりです。
 百日紅のピンクの花が、雨に打たれて艶っぽいじゃぁありませんか・・・

 Img_0059

 もう終わりに近いヒマワリの花の向こうには、スワン型のボートが乗り手を待っている・・・
 豪雨にむかって走ってきたようなものだけど・・・
 予期せぬことはいつでもあること・・・

 自宅にメールを入れると「凄まじい雨だったけれど、上がり始めたよ」と・・・
 あとは、雨上がりの虹を期待するばかりです。

Img_0071

 庄内川の国道に架かる吊り橋です。
 見上げれば、うっすらと虹がかかっていましたが・・・
 カラリと晴れてるわけじゃないので、堤防に上がる頃には雲に遮られて見えなくなりました。

 ゲリラ豪雨に立ち向かったドンキホーテのような自転車散歩でごじゃりました。
 


|

« 秋の気配 | トップページ | 蓼喰う虫も好き好き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

どこかのテレビ番組で「日本は熱帯になった」と言っていた。今年も梅雨らしい雨などほとんどなく、熱帯のスコールみたいな雨ばかりだった。

もう「日本は熱帯である」と宣言すればいいものを「何となく頭悪そうに見える」のを嫌って「日本は温帯です」と言い張っているのだろうか?まだ欧州コンプレックスが抜けてないだけじゃん!!

投稿: マミケン | 2012.09.03 13:58

間宮さんこんばんは。
凄まじい豪雨でした、極地的なんですね、名古屋市の南部は雨も降らなかったそうですから。
異常気象と毎年言われ続けていると、異常じゃなくて普通になってる気がします。
保水力のある樹木が減り、アスファルトが大地を覆い、温暖化が進み・・・、なんだかジワジワと真綿で首を絞められてるような環境変化です。
「どうなっちゃうんだろう地球は?」本気で思いますが、金儲け第一主義も、もはや末期って様相ですね。

投稿: ちょっと一休み | 2012.09.04 00:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 秋の気配 | トップページ | 蓼喰う虫も好き好き »