« 映画「シコふんじゃった」 | トップページ | 夫婦善哉 »

2012.08.16

夏の訪問客

8月16日(木) 蛙三匹、我が家に来たり 

 すっかり世の中が静かになったような気がします。
 ちょっと前までの五輪熱が冷めて、お盆だからでしょうか、車も人通りも少ないような気がします。
 ほんとうは、近所の学校が夏休みなので、子どもたちの姿を見かけないからかもしれません。

 珍しい訪問客がありました。
 朝の花壇の散水がすっかり日課となって、ホースを引っ張り出し、やぶ蚊と戦い、今日も暑い日になるだろうからと、たっぷり水を与えてやります。

 ウッドデッキの下の花壇に、落ち葉に隠れるように蛙が三匹いました。
 ホースのシャワーをかけてやると、気持ちがよいのでしょう、じっとしています。
 まだ小さな子どもの蛙です。

Img_0016

 我が家から道一本隔てて、小さな田んぼがあります。
 水が張られればオタマジャクシが泳ぎ、梅雨の頃から蛙の大合唱がはじまります。
 蛙の生息地は水辺、この都市農業の小さな田んぼは、庄内川から用水を通って、水が引き込まれています。

 自然の生態系だと思います。
 もちろん、この蛙を捕食するカラスもやってきて、ついでに近所のゴミに悪戯もします。
 この田んぼから我が家の花壇までやってきたのでしょうが、ときどき車も行き交い、命がけだと思うのです。

 蛙のことを「かわず」と言うのはなぜでしょう。
 いやいや、それよりも「カエル」・・・財布のなかに小さな蛙の飾りを入れて、お金が帰るようにと・・・
 蛙のご利益に授かろうとする手前勝手さに、蛙も苦笑しているでしょう。
 一説によると、蛙は産卵した場所に戻ってくる習性だそうです。

 爬虫類、両生類という生き物は、もう都会では見る機会も減ってしまいました。
 昔は蛙なんて、雨の日にはどこにでもいたし、小さな川や池には飽きるほど生息していて、理科の解剖実験の材料にもなっていました。

 よ~く見ると、真ん丸な目玉が飛び出して、実に愛嬌のある生き物だとおもうのですが、どうも我が家の連中には可愛く思われていないようです。
 夏の日の蛙の観察もおもしろいものです。

 追い立てられているような喧騒の日々です。
 ひょっとしたら、土や茂みのなかに、こうした生き物たちが、せせこましく動き回ってる人間たちの姿をみながら、「お互い生きにくい世の中だね」と語りかけてるかも知れませんね。

|

« 映画「シコふんじゃった」 | トップページ | 夫婦善哉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

カエルの目にピントがばっちりあってますね。
いいですね~こういう写真。

ポン太君の体調はいかがですか?

ところで、コメント書いてて、真横に表示されているプロ野球順位表が気になります。(笑)
この位置にいるなんて夢をみているみたいです。
いつまで、この位置をキープできるでしょうか?
2位を脅かす心配はありません。(笑)
心配してないか~。

投稿: tami | 2012.08.18 20:51

こんばんは~。
ポン太は元気回復しましたが、茶飲み友達犬のハナちゃんが脳溢血で元気がなくて、とても寂しそうです。
しかし巨人が負けてくれませんねぇ、カープには2つ勝ってもらいたかったのですが・・・
まあ、またと無い機会ですから、このまま3位を維持してもらい、CSでお会いしましょう(笑)
プロ野球も残り40試合をきって、ここからが選手層の厚さがモノを言う正念場なんですね・・・

投稿: ちょっと一休み | 2012.08.19 00:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 映画「シコふんじゃった」 | トップページ | 夫婦善哉 »