« 夫婦善哉 | トップページ | くずかご »

2012.08.19

入道雲

8月19日(日) 積乱雲のてっぺんを撮ってみた

 Img_0004

 もくもくと湧きあがる入道雲、気象学では積乱雲といいます。
 朝、にわかに黒雲が広がって、大粒の雨が落ちてきました。
 それもひとしきり過ぎると、何ごともなかったように夏の空にもどります。
 夏らしい雲です。
 真っ白な綿のような入道雲は、いくつもの積乱雲のかたまりです。
 含まれる水蒸気の量は、ドラム缶1000万本に達するといいます。
 子どもの頃の夏休み、この入道雲を見上げていました。
 今、また二階の窓に腰かけて、夏らしい入道雲だと見ていて思いました。
 あのてっぺんを歩いてみたい!
 ・・・と、以前友人に話したら「水蒸気だからダメでしょ」と言われたのを思い出しました。
 のんびり空を見上げていると、時間が静かに過ぎて行きます。 

|

« 夫婦善哉 | トップページ | くずかご »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

僕もテニスコートの木陰で休みながら入道雲を見上げていたりします。これが夕日や朝日を浴びるときれいに輝きます。

投稿: マミケン | 2012.08.21 14:39

沖縄の海と空の雲も雄大ですね、視界が広いと見応えがありますね。
現代人は忙しいのでしょうか、雲や空や月や星や・・・そういう風景をぼんやりと眺めることもなく暮らしている人も少なくないのでは?もったいないなぁと思うのです。

投稿: ちょっと一休み | 2012.08.22 01:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 夫婦善哉 | トップページ | くずかご »