« 誕生月 | トップページ | わからないこともおもしろい »

2012.07.09

涼しい夏?

7月9日(月) 夏の冷感アイテム

 夏は暑いものだ。
 暑さを少しでもしのいで、涼しく過ごせれば、それに越したことはない。

 けれども、夏は暑いものだから、ヒートアイランド現象が苛酷な都市部ではクーラーも必要なのだろう。
 風が通る家でもない。日中の熱せられたアスファルトが吐き出す熱は地獄のようだ。

 今年の夏は「原発のない夏」だと思っていたら、大飯原発の再稼働でおじゃん。
 世の中「節電」が当然のように言われている。
 まるで、原発が稼働していないから「電気不足」になり、「節電」が必要と言わんばかりである。
 日本の夏の暮らし方、自然との共生を取り組む、自然エネルギー転換社会を実現するための「節電」とは、ちと違う様相だ。

 僕は別に無理をして(無理をしてだが)節電などする必要はないと思っている。
 むしろ、原発稼働をせんがための「電気不足」という、意図を感じてしまう。

 火力発電に頼ればコストがかかる、だから原発稼働も必要だと言うが、核燃料の処理コストまで含めれば、原発コストのほうが、はるかに膨大な経費を必要とするし、何よりも最終処理方法すら確立していない!安全な原発など現代の人間の技術では到達していない、危険な代物でしかない。

 なぜ「節電」なのか?
 どうも、そこらへんを自分の頭で考えてみることも大切ではないだろうかと思う。
 嫌いなんだなぁ~、あの「欲しがりません勝つまでは!」という、国民総耐久思想。

 さて、夏の冷感アイテムの話。
 今年は大手スーパーなどの「クール商戦」の中心に「ひんやり、冷感パッド」が並べられている。
 触感冷感繊維やジェルなどが使われた、あれだ。

 たしかに、手触り感はひんやりしている。
 夏の布団のもわ~っとした暑苦しさは、暑さで目が覚めることもある。
 もっとも、これはクーラーをほとんど使用しない我が家だからだが。

 「一晩中清涼感でぐっすり睡眠!」と宣伝文句はすばらしいが、どうも、そんな魔術のような冷感が持続するとも思えない。
 日本の夏は暑いのだ。
 その暑さを、ちょっぴり和らげるには、なるほどたしかに冷感パッドではあるが、これもクーラーのかかった快適な(?)眠りを想像すると、ちょっと違う。

 風の通る涼しい田舎暮らしのほうが、何倍も快適なのだ。
 そういう環境が得られない、僕のような都市生活者には、ちょっとは面白い夏のアイテムかなと思っている。
 というわけで、毎年涼しい夏のアイテムを一つずつ試している、今年の一品。

Img_0002_2

 こういう面白くもない生活品を写真に撮るとこうなる。梅雨の曇天の空をミシンで縫ったようなものだ。
 では、使用感は?商品がピンからキリまであるように、製品によっての感触はまちまちのようだ。
 僕は某通販ショップで買ってみた。
 買うからには「クーラー並の清涼感」をあえて期待したが、そこまではやはり無理である。
 ・・・が、意外と悪くない。
 自然エネルギーを使った日本の夏の暮らし方を愉しむ一つのアイテムとしては・・・いいんじゃなぃぃ~♪


 

|

« 誕生月 | トップページ | わからないこともおもしろい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。動き出したら止まらない。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

意思のあるところに方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
意思のないところに解決法はない。
意思は未来時制の内容であり、日本語には時制がない。
それで、日本人には意思がなく、解決法が見つけられない。
自然鎮火を待つのみか。

耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。
座して死を待つか、それとも腹切りするか。
私の父は、玉砕した。何のお役に立てたのかしら。
安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから、、、、

ああしてこうすりゃこうなると、わかっていながらこうなった、、、、、
12歳のメンタリィティには、知恵の深さが見られない。
わかっちゃいるけど やめられない。ア、ホレ、スイスイ、、、、

白く塗られた黒いオオカミの足を見破ることは難しい。
だます人は悪い人。だまされる人は善良な人。おとり捜査は難しい。
この調子では、人の命はいくつあっても足りるものではない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/

投稿: noga | 2012.07.10 02:20

nogaさんコメントありがとうございました。

投稿: ちょっと一休み | 2012.07.10 23:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 誕生月 | トップページ | わからないこともおもしろい »